ダイエットには、お水や紅茶、コンブチャなどの水分をバランス良く摂ることが大切です


紅茶の成分は、ポリフェノール・カテキン・カフェインなどです。それらの成分によって、血糖値の急上昇を予防することが期待できます。

また脂肪の吸収を抑制し、脂肪の燃焼効果を高めると言われています。そのためダイエットにおすすめと言えるでしょう。

ただコーヒーよりは少なめですが、カフェインが含まれています。そのため睡眠の質を悪くさせる場合もあるため睡眠の前は控えるようにしましょう。

ダイエットの効果をアップさせるためには、水分を意識するだけでなく食事や運動も気をつけるようにしてください。

紅茶にはカテキンが含まれています

紅茶がダイエットによいと聞いたありませんか?それは紅茶に含まれる成分によるものです。

・ポリフェノール
・カテキン
・カフェイン
・ビタミン
・アミノ酸

上記のような成分が含まれていると言われています。

紅茶の効果

・血糖値の急上昇を予防する
・脂肪の吸収を妨げる
・脂肪の分解を促進する
・血中のコレステロールを減少する
・過酸化物質の生成を抑える
・利尿作用
・発汗作用
・老廃物を排出する

上記のようなさまざまなメリットが多くあります。これ以外にもビタミンが補給できるなど効果は多いでしょう。

紅茶の飲み方

風味を楽しむだけであれば、好きなように飲んでも構いません。ただダイエット効果を十分に得るためには、効果的な飲み方を行いましょう。

1.ストレートで飲む
紅茶のカロリーは、ごくわずかです。しかしミルクや砂糖などをプラスすることで、カロリーが増えてしまうため注意が必要でしょう。

どうしても甘みが欲しい場合には、ハチミツなどを追加するようにしてください。

2.ホットで飲む
アイスティーだと身体を冷やすので、ダイエット効果を十分に得ることができません。ホットなら身体をより温めることができ、発汗作用などをアップさせる効果が期待できます。

3.食事中や食後に飲む
血糖値の上昇などを防ぐためにも食事中・食後に摂取するようにしましょう。そうすることで脂肪と球種を抑制するなどの効果も期待できまう。

また運動前に飲むのも効果的です。運動の30分前程度に飲むようにしましょう。

カフェインが含まれるお茶に注意しましょう


紅茶にもカフェインは含まれています。コーヒーと比較すると、半分程度ですがカフェインの影響はゼロではないでしょう。

カフェインの影響

カフェインは日中であれば、作業効率アップなど意欲を高めるよい効果が期待できます。しかし夜間であれば、睡眠を妨げるなどの悪影響を招く恐れがあるでしょう。

そのため夜に紅茶を多く飲むのは控えるようにしましょう。また胃腸障害も招く可能性があります。

カフェインの作用の一つが胃酸の分泌促進です。そのためカフェインの影響で胃酸が多く分泌され胃部不快感、胃痛などの症状を招きます。

酷い場合には、十二指腸潰瘍や胃潰瘍になることもあるでしょう。そのため紅茶の飲み過ぎには注意するようにしてください。

紅茶を飲む量

紅茶を1日で飲む量は人によって異なります。元気な方であれば、1日4~5杯程度にしましょう。

妊娠中や授乳中、幼い子供であれば、カフェインの摂取量は少ない方がよいと言われています。その場合であれば、紅茶は避けた方がよいでしょう。

そのため日頃の水分補給はお水を基本とし、時折紅茶を取り入れるように心がけてください。

ダイエット中、ジュースを摂るのは注意しましょう

ダイエットのためであれば、紅茶だけでは水分量が不足してしまいます。そのため紅茶だけでなくお水も飲むようにしてください。

お水を選ぶ理由

お水には、そもそもカロリーがありません。そのためダイエットに最適な飲み物と言えるでしょう。

反対に清涼飲料水などは、多くの糖分が含まれています。たかが飲み物と思いがちですが、ダイエット中には少しでもムダなカロリーは抑えた方がよいでしょう。

さらにお水であれば、身体に余計なストレスがかかりにくいと言われています。ただミネラルが多く溶けているようなお水は、ミネラルを分解するために負担がかかるので注意して下さい。

お水を飲んだ後で、お腹が痛くなるなどの症状がある場合にはミネラル分がより少ないものを選ぶようにしましょう。

お水以外におすすめの飲み物は?

ほかにも麦茶や日本茶などもおすすめです。またコンブチャなどもあるでしょう。どのような水分を摂っても問題はありません。

ただ含まれている成分やカロリーなどを意識して選ぶようにしてください。カフェインが含まれていれば、1日のトータルで、どの程度カフェインをとっているのかをチェックしましょう。

またカロリーは、できる限り低いものを選んでください。たくさんの飲み物を併用しながら、ムリせずダイエットを行いましょう。

ダイエットは飲み物だけでなく、食事や運動も大切です


ダイエットは、飲み物だけで成功するわけではありません。食事や運動などを意識することでダイエットを健康的に行うことができます。

食事

ダイエットをする際、量だけを減らす人が多くいます。これは太りやすい体質を作ってしまうため、よいダイエットとは言えません。

そのため食事の質を上げるように意識しましょう。野菜を中心とした食事に変更することが大切です。

野菜やタンパク質、ビタミンなどを積極的に食事に取り入れましょう。また腹8分目を意識し、摂取カロリーも調整するようにしてください。

運動

運動を取り入れることで痩せやすい体質に変化することができます。年齢とともに筋肉の量が減りやすくなるでしょう。

その結果として年齢とともに太りやすい状態になってしまいます。悪循環を断ち切るためにも、筋トレやウォーキングなどを行うようにしてください。

忙しく時間がなければ歯磨きの間スクワットするなど、ながら運動でも構いません。急に激しい運動を行うと、筋肉痛などによって継続して行うことができなくなるでしょう。

そのため徐々に運動強度をアップするようにしましょう。運動でもっとも大切な点が継続することです。

ムリのない範囲で行い、運動を継続しましょう。

(まとめ)ダイエットには、お水と紅茶どっちが効果的?

1.ダイエットには、お水や紅茶、コンブチャなどの水分をバランス良く摂ることが大切です

紅茶の成分によって、血糖値の急上昇を予防する、脂肪の吸収を妨げる、脂肪の分解を促進するなどの効果が期待できます。カフェインも含まれているので、睡眠前は控えるようにしましょう。

ダイエットのためには食事や運動を意識することが大切です。

2.紅茶にはカテキンが含まれています

紅茶にはポリフェノールやカテキンなどの成分が多く含まれています。紅茶を飲むことで血糖値の上昇を緩やかにするなどの効果が期待できます。

ストレートでホットの紅茶を飲むようにしましょう。食事中や食後、運動前に飲むと効果が得やすいと言われています。

3.カフェインが含まれるお茶に注意しましょう

紅茶のカフェインの量は、コーヒーの半分程度です。カフェインによって睡眠を妨げる、胃腸障害をきたすなどの悪影響を招く恐れもあります。

紅茶は1日4杯程度までにしてください。妊娠・授乳中の方は、カフェインが含まれる飲み物は控えた方がよいでしょう。

4.ダイエット中、ジュースを摂るのは注意しましょう

紅茶だけでなく、他の水分も併用するようにしましょう。お水ならカロリーもないため、ダイエットに最適です。

清涼飲料水は糖分が含まれてるので摂りすぎは注意しましょう。成分やカロリーを必ずチェックするようにしてください。

5.ダイエットは飲み物だけでなく、食事や運動も大切です

ダイエットのためには食事と運動を意識することが大切です。食事は野菜中心にし、腹8分目を意識しましょう。

運動は筋トレやウォーキングなどを行ってください。ムリのない範囲で行い、運動を継続するようにしましょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。