たんぱく質のダイエットは筋肉のためにも水分が欠かせません


ダイエット法には、様々なやり方があります。その一つがたんぱく質をメインにした食事を摂取する方法です。

たんぱく質は身体を構成するために必要不可欠な栄養素と言われています。肌や髪、筋肉などを作る、URLために必要です。

ただたんぱく質だけを多く摂っていても、水分を飲まなければ便秘などの症状を呈する可能性があります。そのためダイエット中でも水分をしっかり飲むようにしましょう。

カロリーのないブラックコーヒーやお茶を中心に飲むようにしてください。

魚などのたんぱく質は身体を構成するための重要な栄養素です

人間の身体には炭水化物やたんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養が必要になってきます。それぞれの栄養が機能することによって、健康な身体を維持することができるでしょう。

炭水化物

炭水化物は、ご飯や麺類、根菜類に多く含まれています。身体が活動するときのエネルギー源です。

炭水化物を摂る量が極端に少ないとエネルギー源がなくなるため、脳を上手く機能できなくなると言われています。そのため集中力の欠如や倦怠感、便秘、代謝低下などの症状を呈するでしょう。

ダイエットのためにも代謝低下や便秘はマイナスです。そのため炭水化物の摂る量をゼロにするようなダイエットは避けるようにしましょう。

たんぱく質

たんぱく質は筋肉や内臓、血液、皮膚など身体の主要な臓器を作るための成分です。主に豆類や肉、魚などに多く含まれていると言われています。

たんぱく質が不足すると筋肉量が低下する、肌や髪がパサパサする、集中力が低下するなどの症状を呈するでしょう。ダイエット中は不足しがちになると言われているので、積極的に摂るようにしてください。

脂質

脂質は主にバターやマヨネーズ、お菓子類などに入っています。5大栄養素の中でももっとも効率的にエネルギーになる栄養素です。

過剰に摂ることは良くないですが、摂る量が足りないと倦怠感やうつ傾向などの症状を呈する恐れがあります。そのため最小限度の脂質は必ず摂るようにしましょう。

ビタミン

ビタミンはフルーツや野菜など様々な食物に含まれています。基本的には身体の調子を整える働きです。

ビタミンが直接エネルギー源になる訳ではありませんが、不足すると身体の不調を呈する恐れがあるため注意しましょう。

ミネラル

ミネラルは無機質とも呼ばれ、鉄やカルシウム、ナトリウムなどの種類があります。それぞれのミネラルの働きは、骨や歯などを作ることや身体の調子を整えるなどです。

不足すると口内炎や肌荒れ、食欲不振、頭痛などの症状を呈する恐れがあります。

体内酵素が減ると痩せにくい体質になると言われています


極端な食事制限を行うと、体重が減りにくくなると言われています。これは体内が飢餓状態に陥り、少しの栄養素でも吸収しようと働くからです。

さらに体内の酵素も影響すると考えられています。

体内酵素とは

体内酵素とは、消化酵素と代謝酵素に分類されます。消化酵素は食べ物を消化するために必要なものでアミラーゼやプロテアーゼ、リパーゼです。

一方代謝酵素は、身体を動かす、考えるなどのサポートする働きがあります。新陳代謝や免疫力などに大きく関わりがあると言われています。

体内酵素が不足すると

体内の酵素が不足すると、消化や代謝に影響を及ぼします。代謝低下が起これば、ダイエットが成功しにくくなるでしょう。

同じような生活を過ごし、食事量が同じでも代謝がいい人の方が体重は減りやすいです。さらに便の排出も行えるので、肌などの状態も良くなるでしょう。

しかし酵素が減り代謝が低下すれば、思うように体重が減らないだけでなく、肌荒れなどの症状も起こってしまいます。そのため体内の酵素が減らないようにすることが大切です。

体内酵素は体内にもともとある酵素もありますが、食物から酵素を取り込むことも可能です。体内酵素はストレスや睡眠不足、食生活などによっても減少するため、減らさないように生活習慣も見直すようにしましょう。

たんぱく質を多く食べることでダイエット効果が高まるでしょう

ダイエットを行う際、野菜中心の食生活に変える人がいます。しかし野菜だけではたんぱく質などの栄養が足りなくなってしまいます。

たんぱく質が不足するデメリット

たんぱく質が不足すれば、まず筋肉量が減少します。筋肉は基礎代謝に影響をきたすと言われています。そのため筋肉量が低下すれば、基礎代謝が落ち痩せにくい身体になってしまうでしょう。

また綺麗になるためのダイエットにもかかわらず、肌荒れや髪がパサつくなどのマイナス症状が現れてきます。つまり全く綺麗な状態とは言えないでしょう。

他にも集中力欠如や思考力の低下などの症状も起きやすくなります。これはドーパミンやセロトニンなどの物質が、たんぱく質から作られているからです。

ドーパミンやセロトニンが減ってしまうと、常にボーとしてしまうなどが起こるため注意してください。

たんぱく質の摂取の方法

成人女性であれば、1日あたり40~50g程度が推奨されています。牛乳であれば100gで3.3g程度しか摂ることができません。

そのため意識しながらたんぱく質を摂らなければ、推奨量を摂ることが難しいでしょう。しっかり献立の中にたんぱく質の食材を取り入れるようにしてください。

もしも不足しがちな場合には、プロテインなどを上手く取り入れてもいいでしょう。髪がパサつくなど気になる症状があれば、たんぱく質不足が心配されます。

そのため日頃の食生活を見直してみましょう。

コーヒーやお茶などの水分を積極的に飲みましょう


ダイエットのためには、食事だけでなく水分も積極的に摂るようにしましょう。

水分を摂るメリット

水分を摂ることで血流アップする効果だけでなく、便通改善効果も期待できます。ダイエット中は食物繊維の摂る量が減りやすくなるため、便秘に悩んでいる人が多くいます。

水分を摂ることで便がやわらかくなり、出しやすい状況を作ることができるでしょう。そのため水分は、しっかり摂るように心がけてください。

おすすめの水分

水分にも沢山の種類があります。ダイエット中であれば、糖分が含まれない飲み物を選ぶようにしてください。

お水やブラックコーヒー、お茶などがよいでしょう。ただしブラックコーヒーやお茶にはカフェインが含まれている場合が多いため、睡眠前には摂りすぎないように注意してください。

(まとめ)たんぱく質メインのダイエットにおける水分の効果は?

1.たんぱく質のダイエットは筋肉のためにも水分が欠かせません

たんぱく質は、身体に必要不可欠な栄養素です。たんぱく質をメインにした食事を摂ることで、ダイエット効果があると言われています。

ダイエット中も水分は、しっかり飲むようにしましょう。カロリーのないブラックコーヒーやお茶を選んでください。

2.魚などのたんぱく質は身体を構成するための重要な栄養素です

人間の身体は5大栄養素が必要不可欠です。それぞれの栄養素によって、身体の状態は保たれています。

どの栄養素も不足すれば、なんらかの不調を呈する恐れがあるため注意しましょう。たんぱく質はダイエット中不足しがちなので、積極的に摂取してください。

3.体内酵素が減ると痩せにくい体質になると言われています

極端な食事制限は、体重が落ちにくくなるためダイエットには良くありません。体内酵素によって消化や代謝をサポートします。

体内酵素は体内にもともとあるものと、食材からとれるものがあります。ストレスなどで減ってしまうので補うようにしてください。

4.たんぱく質を多く食べることでダイエット効果が高まるでしょう

たんぱく質が不足すれば、筋肉量が減少する恐れがあります。肌荒れや髪がパサつく、集中力欠如などの症状があるので注意しましょう。

たんぱく質は意識的に多く摂取するようにしてください。不足しがちな場合はプロテインなどを併用してもいいでしょう。

5.コーヒーやお茶などの水分を積極的に飲みましょう

水分を摂ることで、血流アップや便通改善効果などが期待できます。便をやわらかくするためにも水分を多く摂るようにしましょう。

お水やブラックコーヒー、お茶などを選ぶようにしてください。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。