ダイエット中の水分はとりすぎずに、適量を守ることが大切です


水分をとることによって、血液の流れが良くなるでしょう。血液の流れが良くなることで肌に必要な栄養素をしっかり届けることができるため、肌質も良くなる効果が期待できます。

また健康面においても脳梗塞の予防などの効果もあるでしょう。ダイエットのためにも不純物を排出しやすくなるなどメリットが多くあります。

ただしカロリーのある水分の過剰摂取は太りやすくなるため注意してください。また塩分が含まれる水分はむくみの原因にもなります。

お水などの水分をとるようにしましょう。

水分摂取は健康や美容におすすめです

身体の成分は、半分以上が水分から作られています。そのため水分が不足してしまうと身体に様々な悪影響を与えてしまうでしょう。

水分不足による影響

体内の水分が1%でも減ってしまうと、ノドの渇きなどの症状をきたします。つまりノドが渇いたと感じたときには、すでに水分が足りていないということです。

そのまま水分が減り続けることで、めまい・吐き気・食欲減退などの症状をきたします。最悪の場合、意識消失や痙攣、死亡する場合もあるため注意が必要です。

そうならないためにも水分を欠かさずにとるように心がけてください。

水分をとることによる効果

水分には身体に様々なよい影響を与えると言われています。最大の効果が血液の流れのアップでしょう。

血液は栄養や不純物を送る作用があります。血液の流れが良くなれば肌などに栄養をしっかり届けることができるでしょう。

その結果、肌質アップ効果が期待できます。また不純物を排出することによって、むくみなどの症状を緩和する効果にもつながるでしょう。

さらに脳梗塞などの病気の予防にもつながるため積極的にとることが推奨されています。ぜん動運動を促進する効果もあるため、快便にもつながるでしょう。

つまり水分をとることで、健康や美容にも関係してきます。毎日欠かさずにとるようにしてください。

お水やお茶を選ぶようにしましょう


水分の不足は、もちろん良くありませんが、とりすぎも良くないと言われています。体型や発汗の量によっても水分の必要量は変わってきます。

そのため一概には言えませんが、2リットル程度を目安にとるようにしてください。

水分のとりすぎによるリスク

水分をとりすぎると、体内のナトリウム濃度が薄くなってしまいます。いわゆる低ナトリウム血症の状態に陥るでしょう。

その結果、全身のだるさ・吐き気・呼吸困難などの症状が現れてくるので注意してください。さらに、むくみ・頻尿・嘔吐・下痢などの症状もあるため、水分のとりすぎは控えてください。

ダイエットに向いている水分の種類

水分にはお水だけでなく、ジュースやスポーツ飲料など沢山の種類があります。しかしダイエットの場合、ジュースなどの飲料は向いていません。

それはジュースには多くの糖分が含まれているからです。そのため糖分がない飲料を選ぶようにしてください。

つまりお水やお茶がダイエット期間中にはおすすめです。ただお茶には利尿作用があるものもあります。

そのためお茶のとりすぎは控えた方がよいでしょう。お水と併用しながら水分を補うようにしてください。

水分によっては、むくみが出る場合があります

水分の取り方によっては、身体にデメリットを与える危険性があります。

一気に飲まない

水分を一気にとったとしても、上手に体内に吸収できる訳ではありません。むしろ臓器に負担をかけてしまうので、むくみなどの原因になるでしょう。

そのため水分はこまめにとるように心がけてください。起床時・食事中・入浴前後・睡眠前など、定期的にとるようにしましょう。

とくに発汗量が増えるときには、脱水症状を防ぐためにも事前に水分をとるようにしてください。

常温でとる

キンキンに冷えたお水は臓器の温度を下げてしまう可能性があります。臓器の温度が下がれば、代謝が落ち逆効果になってしまうでしょう。

できれば常温や温かい温度の飲料をとるようにしてください。ただし激しい運動のあとは、やや冷たい温度の方が望ましいと言われています。

それは冷たい温度の方が、体内の吸収率がアップするからです。そのため運動時や熱中症時などは、低めの温度をとってください。

糖分や塩分のないものを選ぶ

ダイエットのためには、摂取カロリーを抑えることが重要です。飲料に糖分が含まれていれば、摂取カロリーも増えてしまうでしょう。

そのため糖分が含まれない飲料を選ぶようにしてください。また塩分も、あまりおすすめできません。

食事から多くの塩分は摂取しています。現代人の多くが塩分過多の状態と言われています。

そのため飲料から塩分を摂取してしまえば、さらに過多な状況に陥ってしまうでしょう。その結果、むくみや高血圧などの症状をきたす可能性があります。

ただ発汗量が多ければ、塩分も多く排出されます。そのため発汗量が多いときには、塩分を含む飲料をとるようにしてください。

それ以外のときには塩分を含まない飲料を選ぶようにしましょう。

痩せる体質のために水分をとるようにしましょう


ダイエットを成功させるためには、水分は必要不可欠です。水分がなければ正常な身体をキープすることはできません。

そのため身体にとってよい取り方を行うように心がけましょう。

食事

ダイエットのためには食事も大切です。暴飲暴食などを行っていれば、ダイエットは成功しません。

健康的に痩せるためには、バランスのいい食事をとるようにしましょう。また腹8分目も心がけ、摂取カロリーがオーバーしないように注意してください。

運動

体重を落とすだけなら食事だけでも、なんとかなるでしょう。ただ綺麗なボディラインを作る、身体の状態をキープするために運動は必要です。

運動も激しい運動をする必要はありません。適度な運動を継続して行うようにしてください。どうしても仕事などで運動の時間が作ない場合にはエレベーターを階段に変える、一駅歩くなど心がけるようにしましょう。

少しでも身体を動かす習慣をつけることで代謝アップにつながります。

痩せる体質を作るためにも毎日の生活を意識するようにしてください。

(まとめ)ダイエット中、お水をとりすぎるとダメなの?

1.ダイエット中の水分はとりすぎずに、適量を守ることが大切です

水分をとることで血液の流れが良くなるでしょう。肌に栄養が届きやすくなるので、肌質アップにつながります。

カロリーがあるような水分は、太りやすくなるので注意してください。塩分の多い水分は、むくみの原因にもなります。

2.水分摂取は健康や美容におすすめです

身体の成分は、半分以上が水分から作られています。1%でも水分が不足するとノドの渇きを感じてしまうため、乾く前に飲むようにしましょう。

水分をとることで血液の流れが改善します。水分は美容や健康にも関係するため、しっかりとるようにしましょう。

3.お水やお茶を選ぶようにしましょう

基本的には2リットル程度を目安に水分をとるようにしましょう。水分をとりすぎると低ナトリウム血症が起こる可能性があります。

むくみや下痢などの症状が現れる場合もあるので注意してください。ダイエット期間中はお水やお茶をとるようにしましょう。

4.水分によっては、むくみが出る場合があります

水分は一気にとることで内臓に負担がかかるので、こまめに飲むようにしてください。内臓を冷やさないためにも、常温や温かいお水をとるようにしましょう。

糖分や塩分の含まないお水を選ぶようにしてください。

5.痩せる体質のために水分をとるようにしましょう

暴飲暴食などの食事はダイエットんい向いていません。バランスのよい食事や腹8分目を心がけるようにしてください。

適度な運動を行い、代謝アップを図りましょう。痩せる体質を作るためにも、毎日の生活を意識するようにしてください。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。