ダイエットのためには水分摂取やウォーキングなどの運動が大切です


摂取カロリーと消費カロリーによって、体重が変動します。ウォーキングなどを取り入れることで、消費カロリーを増やすことが可能です。

そのためウォーキングは体重を落とすためにも積極的に行うようにしてください。ただし水分もきちんと補給するようにしましょう。

10度前後のお水がもっとも吸収率がよいため、ウォーキングのあとは10度前後の水分を補給してください。ただ急激に体重が落ちると、栄養を貯め込もうとするため逆効果になってしまいます。

ムリなく徐々に体重をコントロールしてください。

ダイエットのためには、カロリーを気にすることが大切です

ダイエットにはいろいろな方法があります。しかしどの方法でも摂取カロリーと消費カロリーが重要です。

ダイエットの基本

摂取カロリーは、食事などから摂取するエネルギーを表します。糖質や脂質などを多く摂れば、どうしても摂取カロリーが増えてしまうでしょう。

そうなれば、なかなか体重が落ちにくくなってしまいます。一方、消費カロリーは活動などによって使われるエネルギーです。

ウォーキングなどの活動を行うことによって、消費カロリーを上げることができます。反対に寝たままの生活を送ってしまえば、消費カロリーを少なくなってしまうでしょう。

体重を減らすためには、摂取カロリーよりも消費カロリーを増やすことが大切です。消費するカロリーの方が多ければ、自然と体重は落ちていきます。

消費カロリーを増やすためには

消費カロリーを増やすためには、摂取カロリーを減らす方法もあるでしょう。ただこの方法では健康的にダイエットすることはできません。

そのため消費カロリーを増やす方が健康的と言えるでしょう。基本的には活動をしなくても、最小限度のカロリーは消費することができます。

ただ筋肉量によっても、自然と消費するカロリーは異なります。ウォーキングなどを行い活動を増やすことによって、さらに消費カロリーを上げることができるでしょう。

ダイエット中、適度な運動を心がけましょう


ウォーキングは有酸素運動の一種です。有酸素運動を行うことで、燃えやすい体を作ることができるでしょう。

有酸素運動と無酸素運動

有酸素運動は、運動中に酸素を十分に取り込みながら行う運動のことです。ウォーキングやサイクリングなどが有酸素運動に当てはまります。

有酸素運動を行うことによって、脂肪を分解する効果が期待できます。ただ効果を得るためには、ある程度の時間、運動を継続する必要があるでしょう。

無酸素運動は、運動中に酸素をほとんど取り込みません。スクワットや腹筋などの筋力トレーニングなどが無酸素運動に当てはまります。

無酸素運動によって筋力を増強する効果が期待できるでしょう。その結果、基礎代謝を上げることができると言われています。

ダイエットは有酸素運動と無酸素運動を一緒に行うことが大切です。できれば、ウォーキングを行う場合には筋力トレーニングも併用するようにしましょう。

運動時の水分補給

運動を行うと汗や呼吸などから多くの水分が奪われてしまいます。そのため脱水を予防するために水分を事前に補給するようにしてください。

コップ1杯程度の水分を運動前に補給しましょう。運動後にも、ゆっくり水分を補給するようにしてください。

多量の汗をかいた場合には、ナトリウムが多く奪われています。そのため塩分も補給するようにしましょう。

また水分の温度は10度前後が望ましいです。10℃前後の水分がもっとも吸収率がよいと言われています。

つまり常温よりも、やや冷たい温度を補給するようにしてください。

急激に痩せすぎるとリバウンドを招く場合があります

運動をメインにしたダイエットであれば、リバウンドする可能性は低いでしょう。しかし食事を制限しすぎるダイエットはリバウンドするリスクが高くなるため控えるようにしてください。

リバウンドする理由

急激に痩せすぎると、身体は今の状態を維持するように働きます。そのため蓄えやすい身体になってしまうでしょう。

その結果リバウンドにつながると考えられています。つまりリバウンドを起こさないためにも、急激に体重を減らすのは避けてください。

身体にムリのない範囲で徐々に減らすようにしましょう。

1ヶ月に減らせる体重の量

基本的には1ヶ月で1%程度の体重減がよいと言われています。つまり50kgの場合、1ヶ月で減らせる量は2.5kg未満です。

それ以上、減らすことでリバウンドしやすくなるため注意しましょう。

必要なエネルギーをしっかり補いながらダイエットを行ってください。ウォーキングや筋トレを行えば、代謝も上がるため、より痩せやすい状態に導くことができるでしょう。

そのため食事だけで体重を落とすのではなく、運動も欠かさず取り入れるようにしてください。

ダイエットを成功させるためにもムリなく行いましょう


ダイエットは継続的に行うことが大切です。そのためムリなダイエット法では継続して行うことができないでしょう。

たんぱく質などの栄養も補う

ダイエット法の中には、一つの食材に頼るやり方があります。ただこの方法では栄養が偏りやすくなるでしょう。

そのためあまりおすすめできるダイエットではありません。たんぱく質などの栄養をしっかり補うようにしてください。

ストレスを溜めないようにする

ストレスが溜まってしまうと、腸の動きに影響を与えると言われています。便秘になれば、体重も思うように落ちなくなるでしょう。

ダイエットを成功させるためにも、排便を促すように心がけてください。

不調を感じれば医療機関に相談する

ウォーキングや筋トレなどは、人によって身体に負担をかけてしまう可能性があります。たとえば膝や腰が悪い場合、ウォーキングによって症状を悪化させる恐れがあるでしょう。

また心臓などへの負荷も人によってはリスクになります。そのためなんらかの不安がある場合や不調を感じたときには、必ず医療機関に相談するようにしてください。

医師に診てもらい、運動を継続できるかどうか確認しましょう。

(まとめ)ダイエット目的のウォーキング方法やお水の取り方は?

1.ダイエットのためには水分摂取やウォーキングなどの運動が大切です

摂取カロリーと消費カロリーで体重が変動します。ウォーキングによって消費カロリーを増やすことができるでしょう。

ウォーキングの前後は水分を補給するようにしてください。ムリしすぎないように、徐々に体重をコントロールしましょう。

2.ダイエットのためには、カロリーを気にすることが大切です

摂取カロリーは食事などから摂れるエネルギーです。消費カロリーは活動などによって使用されるエネルギーを表します。

摂取カロリーよりも消費カロリーを増やすことで、体重が減るでしょう。ウォーキングなどの運動を積極的に取り入れるようにしてください。

3.ダイエット中、適度な運動を心がけましょう

有酸素運動はウォーキングやサイクリングなどの運動で、脂肪を分解する効果が期待できます。無酸素運動は筋トレで、代謝アップ効果が期待できるでしょう。

運動前後には水分を補うようにしてください。発汗が多いときは塩分も補いましょう。

4.急激に痩せすぎるとリバウンドを招く場合があります

急激に体重が落ちると、身体は今の状態を維持しようと働きます。貯め込みやすい体質になってしまうため、リバウンドもしやすいでしょう。

体重の1%以上は落とさないように注意してください。代謝が上がれば、痩せやすい体質になるでしょう。

5.ダイエットを成功させるためにもムリなく行いましょう

ムリなダイエットは控えるようにしてください。一つの食材に頼れば、栄養が偏りやすくなるでしょう。

便秘にならないように注意してください。ウォーキングによって痛みなどの不調がある場合には、医療機関に診てもらいましょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。