ダイエットで水分をとらないと、大変危険です


水分をとらないと言ったやり方でダイエットに取り組む人がいますが、これは非常に危険です。身体の60%は水分でできています。

そのため水分をとらなければ、身体は機能しなくなります。最低でも1.5ℓは水分をとるようにしてください。

ただ塩分が多い水分をとると、むくみが出やすくなります。ダイエットのためには、塩分や糖分が含まれていない水分を選ぶようにしましょう。

持病などを抱えている場合には、ピュアウォーターをとる方が良いでしょう。状態をみながら、水分をこまめにとってください。

身体は60%が水分からできています

水分をとらないダイエット法を行う方がいます。このダイエット法は、大変危険です。

最悪の場合、死に至る可能性もあるでしょう。そのため危険性を把握し、実施しないようにしてください。

水分をとる意味

そもそもなぜ、水分が必要になるか知っていますか?それは身体が水分からできているからです。

  • 胎児:90%
  • 新生児:75%
  • 子ども:70%
  • 成人:60%
  • ご老人:50%

年齢によって体内の水分量は変わってきます。また性別によっても女性の方が水分量は少ないと言われています。

この水分がキープされなければ、身体に異変を与えてしまう可能性が高くなるでしょう。

水分をとらない危険性

水分を数日間とらないと、どうなるのでしょうか。身体は水分と睡眠さえとれていれば、食事をとらなくても約2~3週間は生きられると言われています。

しかし水分を1滴もとらなければ、4~5日で命を落としてしまうそうです。

  • 体重の約2%の水分が失われた場合:喉の乾き、食欲低下
  • 体重の約6%の水分が失われた場合:頭痛、脱力感、眠気、情緒不安定
  • 体重の約10%の水分が失われた場合:筋肉のけいれん、循環不全、心不全
  • 体重の約20%の水分が失われた場合:命を落ちす

つまり水分を失えば、徐々に体調が悪くなってきます。そのため、喉の渇きを感じたときには、すぐに水分をとるようにしてください。

できれば、喉の渇きを感じる前に水分をとった方がいいでしょう。

症状を進行させてしまえば、自分自身で症状を改善することが難しくなってしまいます。そのため医療機関での治療が必要となるでしょう。

1日2.3ℓ程度の水分が失われています


では水分をどの程度とった方が良いのでしょうか?水分をとる目安は、どの程度水分が失われたかです。

水分が失われる量

水分は尿や便だけではなく、汗や呼吸によっても排出されています。

  • 尿や便:1.3ℓ
  • 汗:0.6ℓ
  • 呼吸:0.4ℓ

つまり約2.3ℓの水分が排出されると言われています。しかし気温や湿度、活動内容などによって、さらに多くの水分が排出されるケースもあるでしょう。

そのため汗などの状態に応じて、とる水分を調節してください。

水分をとる量

排出される水分をとる必要があります。しかし全て飲料水としてとる必要はありません。

身体には、本来水分を調節する機能が備わっています。もし水分が足りないと感じれば、排出する水分の量を減らしてくれるでしょう。

一方、多過ぎと感じれば排出量を増やすように働きます。そのため細かく計算してとる必要はありません。

水分は食事からも約0.6ℓとることができると言われています。さらに食事を分解するために、約0.2ℓとれるため飲料水からは1.5ℓとれば問題はありません。

しかし失う水分が多ければ、1.5ℓ以上必要です。そのため1.5ℓを目安とし状況に合わせて、さらに多くの水分をとるようにしましょう。

塩分や糖分を含む水分はとりすぎないようにしましょう

水分をとる場合、どんな水分を選ぶかが重要です。

塩分が良くない理由

塩分は身体に必要不可欠です。しかし日本人の多くが、過剰にとり過ぎていると言われています。

そのため塩分が溶け込んでいる水分をとってしまえば、さらに過剰にとりすぎてしまうでしょう。

  • 喉の渇き
  • むくみ
  • 高血圧
  • 腎臓病
  • 心臓病

上記の症状をきたすため、塩分は過剰にとりすぎない方が良いでしょう。もともと高血圧などの持病がある方は、さらに注意してください。

糖分が良くない理由

糖分のとりすぎは、高血糖や肥満などの症状をきたすでしょう。近年、糖分には依存性が高いと言われています。

そのため、糖分をなかなかやめられない人も多くいます。場合によっては専門の機関に相談しながら糖分を制限してください。

ダイエットのためには、過剰な糖分は天敵です。もちろん糖分は、脳を働かせるために欠かすことはできません。

そのため、とりすぎに注意しましょう。飲料水としては、糖分が溶け込んでいないものを選ぶことを意識してください。

塩分・糖分が必要になるとき

塩分・糖分が溶け込んだ水分が良いときもあります。それは汗を多くかいたときです。

汗には塩分が溶け込んでいます。水分だけでは、失われた塩分をとれません。

そのため汗をかいたときは、塩分・糖分が溶け込んだ水分を選んでください。

持病がある人は、ピュアウォーターがおすすめです


持病を抱えている人の場合、とる水分によっては持病を悪化させる可能性があります。そのためピュアウォーターがおすすめです。

ピュアウォーターとは

特殊な膜を使用し、濾過した水分のことです。濾過しているため、余分な物質を取り除いています。

そのためH2O以外の物質は、ほとんど溶け込んでいません。純度の高いお水と言えるでしょう。

ピュアウォーターがおすすめの人

ピュアウォーターは、どなたでも安心してとることができます。赤ちゃんやご老人、持病を抱えた人の場合、臓器が健常者と比べて弱いと言われています。

そのため余計な物質が多ければ、臓器を衰えさせる原因になります。ピュアウォーターであれば、そのような不安はほとんどありません。

臓器を守るためにも、不安がある場合にはピュアウォーターを選ぶようにしてください。ピュアウォーターは、ペットボトルやウォーターサーバーなどで販売されています。

少しでも不安がある人は、購入を検討してください。

(まとめ)ダイエットで水分をとらないと、どうなるの?

1.ダイエットで水分をとらないと、大変危険です

身体は60%が水分からできているため、水分をとらないと危険です。最低でも1.5ℓは目安にとるようにしてください。

ダイエットのためには、塩分や糖分が少ない水分を選んでください。持病がある方は、ピュアウォーターがおすすめです。

2.身体は60%が水分からできています

身体の中の水分量は、年齢や性別などによって異なりますが、成人であれば60%程度が水分です。

2%でも減ってしまうと、喉の渇きや食欲低下などが現れます。20%減れば、死に至る可能性もあります。

3.1日2.3ℓ程度の水分が失われています

水分は尿や便、汗、呼吸から約2.3ℓ失われています。食事から0.6ℓ程度補うことが可能ですが、飲料水としては1.5ℓを目安にとりましょう。

環境や活動内容によって、1.5ℓ以上の水分が必要です。状況に応じて、水分量は調節してください。

4.塩分や糖分を含む水分はとりすぎないようにしましょう

塩分を過剰にとると、高血圧やむくみなどの症状をきたします。糖分は高血糖や肥満に繋がるでしょう。

運動などで多くの汗をかいたときは、塩分・糖分が溶け込んだ水分を選びましょう。

5.持病がある人は、ピュアウォーターがおすすめです

ピュアウォーターは特殊な膜を用いて、余計な物質を除去したお水のことです。赤ちゃんや持病を抱えている人は、臓器の機能が未熟であったり健常者と比べて弱いです。

ピュアウォーターなら臓器に余計な負担をかけないため、安心して飲むことができるでしょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。