ダイエットでウォーキングを行う際、水分補給が大切です


ダイエットのために有酸素運動と無酸素運動を組み合わせて行った方が良いと言われています。ウォーキングは有酸素運動の一つです。

徐々に距離を伸ばし、関節や心臓に負担がかからないようにしましょう。無酸素運動は筋トレなどです。

これらの運動を行う場合には、水分も必ず摂取しましょう。水分の摂取を行わなければ、運動中に怪我しやすいと言われています。

また運動後は、痛みの緩和を図るためにストレッチも行いましょう。普段からの生活を見直すことによって、ダイエットが成功しやすいと言われています。

ウォーキングはダイエットにおすすめの有酸素運動です

ダイエットのためには、運動を行う必要があります。運動を行うことで、痩せ体質に導くことができるでしょう。

運動は大きく分けて、有酸素運動と無酸素運動があります。この両者を組み合わせることで、効率的にダイエットを成功に導くことができます。

有酸素運動とは

有酸素運動は、酸素を使って脂肪を燃焼させる運動のことです。基本的には軽~中等度の負荷を継続的にかけ続ける運動になります。

ウォーキングなどが有酸素運動になるでしょう。有酸素運動は、脂肪を消費しやすいと言われています。

そのため体脂肪の減少や高血圧の予防などの効果が期待できるでしょう。

無酸素運動とは

無酸素運動は、運動中に酸素を必要としません。基本的には糖をエネルギー源にしています。

比較的、強度の高い運動です。短距離走や筋力トレーニングなどが、この運動に当てはまります。

無酸素運動は筋肉量を増やすため、基礎代謝向上の効果が期待できます。

効率的なダイエット法

ダイエットのためには、無酸素運動や有酸素運動を単発で行っても効率的とは言えません。両者を組み合わせることで、よりダイエット効率を高めると言われています。

また行う順番も大切です。脂肪燃焼効果を高めるためには、無酸素運動から行いましょう。

無酸素運動で基礎代謝を高め、その後に有酸素運動を行うことで脂肪燃焼の効率を促進することができると言われています。仕事などの影響で両者を続けて行なえない場合には、別にしても問題はありません。

スケジュールに応じて、運動を行うようにしましょう。

運動を行う場合には、必ず水分を飲むようにしましょう


有酸素運動であっても無酸素運動であっても、水分を摂取することは重要です。水分摂取を忘れてしまうと、運動の効率を下げてしまうでしょう。

運動の効率を下げる理由

水分が不足すると集中力の低下、脚がつる、痙攣などの症状を招くと言われています。そのため運動のパフォーマンス低下が起こりやすくなるでしょう。

さらに運動中に怪我なども起こりやすくなります。そのため運動前や後など水分を摂取するようにしましょう。

運動中は汗をかきやすい状態です。体内の水分が少なくなってしまうため、普段の生活よりも積極的に水分摂取を心がけてください。

水分摂取の方法

水分の摂取量は、運動メニューで異なります。基本的には運動前は、250ml~500ml前後摂取してください。

運動中も15分~20分おきに200~250ml前後の水分を摂取しましょう。運動強度が高い場合には、糖分が含まれる水分が良いと言われています。

糖分を摂取することで、パフォーマンスを向上させる効果が期待できます。また大量の汗をかいた場合には、塩分も摂取してください。

塩分と糖分の両方を摂取することで低ナトリウム血症の予防だけでなく、水分の吸収率を高めることにも繋がります。運動後にも、時間をかけて水分を摂取してください。

そうすることで水分不足の予防に繋がるでしょう。

運動後にはストレッチも行うようにしましょう

ウォーキングなどの運動を行う場合、ケアも重要と言われています。

ストレッチを行う

ストレッチは筋肉の柔軟性を向上させる以外にも、ストレス解消効果もあると言われています。そのためダイエット中は、積極的に行うようにしましょう。

ストレッチによって関節の血流が良くなると、代謝を向上させやすくなります。お風呂上げなど筋肉がほぐれているタイミングで、ストレッチを行ってください。

ウォーキングで疲労した筋肉を伸ばすことによって、翌日の痛みなどを緩和する効果が期待できます。

アイシング

ウォーキングなど筋肉や関節に無理をさせたときは、アイシングを行うようにしてください。アイシングは運動直後に患部を冷やします。

20分程度しっかり冷やすことによって、運動時の炎症を取り除く効果が期待できます。しかし運動直後でなければ行う意味がありません。

運動直後以外にはアイシングではなく、温めるようにしましょう。

運動以外にも、日常の生活を見直しましょう


ウォーキングは、ダイエットに最適な運動と言われています。歩き方のフォームを意識するようにしましょう。

理想のウォーキング

ダイエットのためには、早歩きが良いと言われています。早歩きを行うと脂肪燃焼を高める効果が期待できると言われています。

たとえば体重50kgの人が普通の早さで30分ウォーキングを行えば、およそ79Kcal消費すると言われています。同じ条件で早歩きを行うことで、131Kcal消費するでしょう。

つまりウォーキングの効率を向上させるためにも、時速6km程度のスピードを意識してください。早すぎれば息が切れてしまい、有酸素運動になりません。

自分のペースでウォーキングを行いましょう。

ダイエットのコツとは

仕事などの影響でウォーキングが行なえない人もいるでしょう。そういった場合には、日常の生活を見直してください。

たとえば一駅分は歩いたり、エスカレーターなどは使わずに階段を使うなどを行うだけでもダイエットになります。またウォーキングは距離を伸ばせばいい訳ではありません。

無理のない範囲で徐々に距離を伸ばすようにしてください。ウォーキングだけでなく、スクワットなどの筋力トレーニングも実施しましょう。

効率的にダイエットを行うように心がけてみてください。

(まとめ)ウォーキングをする際、水分補給の重要性とは?

1.ダイエットでウォーキングを行う際、水分補給が大切です

有酸素運動と無酸素運動を組み合わせてダイエットを行いましょう。運動中、水分を摂取しなければ怪我などがしやすい状態に陥ると言われています。

ストレッチなども行うようにしてください。普段の生活も見直すようにしましょう。

2.ウォーキングはダイエットにおすすめの有酸素運動です

有酸素運動はウォーキングなどの運動のことです。体脂肪の減少や高血圧の予防に効果があると言われています。

無酸素運動は短距離や筋トレなどです。基礎代謝向上効果が期待できます。

ダイエットのためには両者を組み合わせて行いましょう。

3.運動を行う場合には、必ず水分を飲むようにしましょう

水分が不足すれば集中力の低下や脚がつるなどの症状を招きます。運動のパフォーマンス低下や怪我に繋がってしまいます。

運動前に250ml~500ml前後の水分を摂取してください。運動中も15~20分毎に200ml~500ml前後の水分を摂取しましょう。

4.運動後にはストレッチも行うようにしましょう

ストレッチによって柔軟性の向上やストレス解消などの効果が期待できます。運動直後にはアイシングを行い、患部の炎症を取り除きましょう。

運動直後以外では、アイシングではなく温めることが大切です。

5.運動以外にも、日常の生活を見直しましょう

ダイエットのためには早歩きを意識しましょう。早歩きによって、脂肪燃焼の効率を高めると言われています。

エスカレーターではなく階段を使うなど、日頃の生活も見直しましょう。ウォーキングだけでなく、筋トレも実施すると良いでしょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。