ジョギングをするときは水分が必要不可欠です


ジョギングは比較的強度が高めの運動です。そのため体調や環境によっては脱水症状を引き起こしてしまいます。

脱水症状にならないためにも水分を十分に補給してください。ジョギング中も、できれば補給した方が良いでしょう。

ジョギングは関節に負担をかけやすいと言われています。そのため違和感を覚えた場合には、中断してください。

改善がみられない場合には、病院などで検査を受けましょう。補給するタイミングによって、水分の種類を変更することが大切です。

最も適した水分を補給してください。

脱水を防ぐためにも水分を補給しましょう

ジョギングはダイエット効果があると言われています。そのためダイエット目的ではじめる人も多いでしょう。

そもそもジョギングの効果とは

ジョギングは、体重を劇的に減らす効果はありません。そのため効果が出ないと挫折してしまう人も多くいます。

劇的に体重に効果が現れなくても、ジョギングを行うことで痩せやすい体質に変われると言われています。

  • 心肺機能向上
  • 循環器病予防
  • むくみ解消
  • 冷え症解消
  • 体質改善
  • 代謝向上
  • 睡眠の質の向上

上記のような多くの効果が期待できます。特に体質改善によって、エネルギーを燃やせる身体になるでしょう。

そのため脂肪がつきにくい、リバウンドしにくいメリットが得られます。それらの効果のためにジョギングは適度に行うようにしましょう。

ジョギングで水分を補給する重要性

水分補給は、どんな状況であれ行う必要があります。ジョギングなどの運動を行う場合、普段以上に水分補給を心がけましょう。

それは脱水症状のリスクが高まるからです。ジョギングは、多くの水分を排出します。

さらに炎天下などの汗をかきやすい環境の場合、こまめに水分補給をしなければ即脱水症状になってしまいます。

つまりジョギング中には水分が必要不可欠と言えるでしょう。

水分補給の方法

水分は運動前、運動中、運動後に補給するのが理想的です。運動前はコップ1杯~2杯程度を目安にしましょう。

運動中も15分毎に補給した方がいいと言われてます。また補給する水分はミネラルが含まれたものが良いでしょう。

お水だけで水分を補給すれば、電解質の状態が乱れやすくなります。そのためミネラルも十分に補給してください。

つまりスポーツ飲料や麦茶などの水分が最適です。

ジョギングは関節に負担がかかりやすい運動です

ジョギングを行えばデメリットも当然あります。それが関節への負担です。

股関節や膝関節、足関節などは、ジョギングを行うことで体重以上の負担をかけてしまうでしょう。その結果、関節の違和感や痛みなどの症状をきたしやすくなります。

症状をきたさないためにも予防をしっかり行いましょう。

ジョギング用の靴を着用する

ジョギングシューズは、ジョギングに特化したシューズです。軽量化やクッション性が高い特徴があります。

よくウォーキングシューズと併用されますが全く性能が違うため、ジョギングを行う場合にはジョギングシューズを用いるようにしてください。ジョギングシューズを着用することで、怪我の予防にもなるでしょう。

スロージョギングを行う

ジョギングを経験したことがない人や心肺機能に不安がある人は、スロージョギングを行うと良いでしょう。スロージョギングは歩くくらいの速さで走ることです。

同じ速さにも関わらず、歩くときの2倍以上のエネルギーを消費すると言われています。さらに有酸素運動になるため脂肪燃焼効果も高いでしょう。

少しでも違和感があれば中断する

どんなに用心していても違和感や痛みが現れる場合があります。その場合には、ジョギングを中断しましょう。

改善がみられなければ、病院で検査を受けてください。関節や筋肉が何らかの損傷を受けている恐れがあります。

無理に運動を続ければ、症状の悪化に繋がります。ベストな状態でジョギングを行ってください。

水分はタイミングによって、成分を選びましょう


どのような水分を飲むかは、タイミングによって異なります。ジョギング中には、スポーツ飲料が適しているでしょう。

しかし普段の水分補給にはスポーツ飲料などは適していないと言われています。

普段の水分補給に最適なものは?

普段の水分補給には、お水が良いでしょう。お水なら塩分も含まれていないので安心して補給できます。

また麦茶でも大丈夫です。麦茶にはカフェインが入っていないので、いつでも補給することができます。

汗をかいたときに最適な飲み物は?

汗をかいたときは、スポーツ飲料を飲むと良いでしょう。汗で失ったミネラルを補給することができます。

つまり活動の状態などタイミングによって、水分の種類を変更してください。

継続できるダイエットメニューを行うことが大切です

ジョギングの経験者でなければ、最初から長い距離を走ることは難しいでしょう。まずは走る距離よりも、運動を習慣にすることが大切です。

キツくない程度の運動を行う

キツいと感じるような運動は、継続しにくいでしょう。徐々に強度を上げ、身体を慣らしてください。

慣れる前にキツい運動をすれば、身体の不調を起こしやすくなります。痛みなどが出てくれば、運動することができなくなる可能性もあります。

痛みなどの症状が出ないような強度で行ってください。

毎日行う

長時間のジョギングなどを毎日行うのは難しいでしょう。短時間でも毎日行うことが大切です。

翌日に疲れが残らない程度の強度で運動を実施してください。

ストレスなく行える運動をする

ジョギングが苦手と感じる人もいるでしょう。苦手と感じながら、運動を継続することは難しいです。

そのためストレスなく行える運動メニューを実施してください。

ダイエットは、何らかの理由で挫折してしまうことがあります。挫折をするとリバウンドしてしまう可能性も高くなります。

そのため、ダイエットは可能な限り継続することが重要です。例えば運動メニューを記録し、効果を客観的に把握するのも良いでしょう。

客観的に把握できれば、やる気の向上にも繋がります。やる気がでれば、さらにダイエットに励めるでしょう。

(まとめ)ジョギングでダイエットする際、水分は必要?

1.ジョギングをするときは水分が必要不可欠です

ジョギングで脱水症状にならないように水分を補給しましょう。できればジョギング中も水分を補給してください。

関節に違和感がある場合には中断しましょう。タイミングに応じて、補給する水分の種類を変更してください。

2.脱水を防ぐためにも水分を補給しましょう

ジョギングには劇的に体重を減らす効果はありません。ジョギングをすることで痩せやすい体質に導きます。

水分補給をしなければ、脱水症状になりやすいため注意してください。運動前や運動中などこまめに水分を補給しましょう。

3.ジョギングは関節に負担がかかりやすい運動です

ジョギングは股関節や膝関節などに負担をかけやすいと言われています。ジョギングシューズを着用し、関節への負担を軽減しましょう。

スロージョギングは歩くときよりも2倍のエネルギーを消費します。身体に痛みがある場合は、早めに病院で診てもらってください。

4.水分はタイミングによって、成分を選びましょう

普段の水分補給は、お水や麦茶が良いでしょう。麦茶にはカフェインが入っていないので、いつでも安心して飲むことができます。

汗をかいたときは、ミネラルが含まれる水分を選びましょう。スポーツ飲料などが最適と言われています。

5.継続できるダイエットメニューを行うことが大切です

ダイエットは継続することが大切です。徐々に強度を上げ、身体を運動に慣らすようにしましょう。

短時間でも毎日運動を行うようにしてください。客観的に現状を把握し効果を知ることで、励みになるでしょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。