ダイエット中、寝る前の水分はお水がオススメです

ダイエット中、寝る前の水分はお水がオススメです
日中、水分補給は積極的にする人も多いでしょう。しかし日中だけでなく、寝る前も大切です。

寝ているときにも大量の水分が奪われてしまいます。水分を補給しなければ、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクが高くなってしまうでしょう。

寝る前の水分はお水がオススメです。または牛乳でも構いませんが、ダイエット中であれば牛乳よりもお水の方が良いでしょう。

アルコールやカフェインなどは避けてください。脱水症状や睡眠の質が下がるなどの可能性があります。

睡眠の質を上げるためにも、寝やすい寝具を使用するなどの工夫を行いましょう。

寝ているとき、コップ1杯程度の水分が奪われています

人間の三大欲求の一つに「睡眠」があります。その睡眠を一切取らなければ、人間は死に至ると言われています。

そんな重要な睡眠の質を高めることによって、様々なメリットに繋がるでしょう。

質の高い睡眠をとる意味

睡眠中、様々なホルモンが分泌されます。最もメジャーなものとして、成長ホルモンです。

成長ホルモンは子供の成長には欠かせないホルモンの一種。つまり睡眠が不十分であれば、ホルモン分泌に悪影響を与え成長を妨げる恐れがあるでしょう。

また睡眠は免疫力にも関係があると言われています。睡眠がとれていなければ、疲労が蓄積し風邪をひきやすいなどの状況に陥ってしまうでしょう。

他にもうつ病や肥満との関係もあると報告されています。つまり精神的・身体的な健康を保つために睡眠は重要です。

睡眠と水分の関係

なぜ寝る前に水分を補給したほうが良いか知っていますか?それは睡眠中に多くの水分が奪われているからです。

基本的にはコップ1杯程度の水分が奪われると言われています。熱帯夜の時期になれば、さらに多くの水分が奪われてしまうようです。

事前に水分を補給しなければ、体内の水分が不足しやすくなるでしょう。その結果、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを高めてしまう可能性があります。

また寝汗が酷ければ、睡眠の質を妨げることも考えられるでしょう。つまり睡眠の質を高めるためにも水分は欠かすことができません。

寝る前には奪われる水分と同等の量かそれ以上は補給するようにしてください。

アルコールなどの水分は、控えましょう

アルコールなどの水分は、控えましょう
寝る前の水分は、何でもいいという訳ではありません。睡眠に向いている水分を補給してください。

寝る前にオススメの水分

寝る前にオススメの水分は、お水です。お水であれば胃腸も負担を掛けずに、スムーズに吸収できるでしょう。

または牛乳でも構いません。ただお水はカロリーがなく牛乳はカロリーがあるため、ダイエット中であればお水の方が良いでしょう。

もし牛乳を選ぶ場合には、寝る30分前ぐらいに補給してください。そうすることで牛乳に含まれるトリプトファンが睡眠の質を高めてくれると言われています。

どうしても眠れない日などは試してください。

寝る前に向いていない水分

反対に向いていない水分とはアルコールです。夜眠れないからと言って、アルコールに頼る人もいるでしょう。

しかし、これは良くないと言われています。その理由はアルコールの利用作用です。

アルコールを補給するとトイレの回数が増える経験はないですか?それはアルコールの作用によるものです。

つまり寝る前にアルコールを補給すると、体内の水分が余計に奪われてしまい血液がドロドロになってしまいます。

そのため脳梗塞などを引き起こすので注意しましょう。どうしてもアルコールを補給したい場合には、寝る3時間前までにしてください。

またカフェインも向いていません。カフェインは覚醒作用があるため、睡眠の質を妨げてしまうでしょう。

そのためカフェインを含まれむ水分は、寝る前には避けるようにしてください。

日中も水分は定期的に補給しましょう

日中も水分は定期的に補給しましょう
寝る前の水分補給は、もちろん大切です。しかし日中の水分補給も欠かさずに行ってください。

水分補給のタイミング

水分補給は、いつ行っても構いません。しかし一度に大量の水分を補給するのは良くないでしょう。

コップ1杯程度の水分をこまめに補給することが大切です。

  • 起床時
  • 運動前後
  • 入浴前後
  • 食事前後
  • 寝る前

上記のタイミングは忘れずに補給すると良いでしょう。それは上記のタイミングが水分が奪われやすいときだからです。

水分が奪われる前や後に水分補給することによって、体内の水分を維持することができます。

水分が奪われるリスク

そもそも水分が奪われるとなぜ良くないか知っていますか?代表的な病気として熱中症があります。

けいれんや昏睡などの症状をきたし、最悪の場合、死に至るケースもあるでしょう。さらに脳梗塞や心筋梗塞などの病気のリスクも高めてしまいます。

つまり身体的な状態を維持するためにも水分を補給しましょう。さらに水分を補給すれば、毛細血管の血流量が向上します。

そうなれば肌ツヤが良くなるなど美肌に繋がる効果も期待できるでしょう。特にダイエット中は肌荒れなどが起こりやすくなります。

そのため水分を補給することで、肌荒れなどを予防できるのではないでしょうか。

睡眠の質を上げるような工夫を行いましょう

寝る前に水分を補給することは重要です。しかし水分だけでは、睡眠の質を高めることができません。

日ごろから睡眠の質を高めるような生活を送りましょう。

朝、太陽の光を浴びる

体内には生活リズムを刻む「体内時計」があると言われています。この体内時計は、徐々に乱れてしまうことが分かっているようです。

太陽の光を浴びることで体内時計はリセットされます。そのため朝、太陽の光を浴びることで、スッキリ目覚めることができるでしょう。

規則正しい生活を送る

不規則な生活は体内時計が乱れる原因になります。そのため睡眠の質が下がってしまうでしょう。

できる限り決まった時間にお布団に入るなど、同じようなリズムで生活を送ることを心掛けてください。

寝る前はブルーライトを浴びない

寝る前はブルーライトを浴びない
ブルーライトは、スマホやパソコンの画面から発生される光のことです。このブルーライトに浴びることで、睡眠が妨げられると言われています。

そのため寝る1時間前には、スマホなどの使用は避けた方が良いでしょう。

寝やすい寝具を使用する

寝具選びは重要です。枕や敷き布団などは寝やすい物を選ぶようにしてください。

自分にあったものであれば、心地よく睡眠をとることができるでしょう。

(まとめ)ダイエット中、寝る前の水分は何が良いの?

1.ダイエット中、寝る前の水分はお水がオススメです

寝ているときも大量の水分が奪われます。脳梗塞などの疾患を予防するためにも寝る前に水分を補給してください。

寝る前の水分は、お水がオススメです。アルコールやカフェインは避けましょう。

睡眠の質を上げる工夫も行ってください。

2.寝ているとき、コップ1杯程度の水分が奪われています

睡眠は生きるために欠かすことができない欲求の一つです。睡眠中には多くのホルモンが分泌されており、成長や免疫力に関係があります。

寝る前には体内の水分量をキープするためにも、コップ1杯程度の水分を補給しましょう。

3.アルコールなどの水分は、控えましょう

寝る前にはお水が最適です。お水であれば胃腸に負担をかけずに、スムーズに吸収できるでしょう。

牛乳を飲む場合には、寝る30分前が良いと言われています。寝る前にはアルコールやカフェインは避けましょう。

4.日中も水分は定期的に補給しましょう

大量の水分を補給するのは良くありません。コップ1杯程度の水分をこまめに補給することが大切です。

水分が失われるタイミングの前後には欠かさずに水分を補給しましょう。水分が奪われてしまうと、病気などのリスクが高くなります。

5.睡眠の質を上げるような工夫を行いましょう

睡眠の質を高めるような生活を送ることが大切です。朝には太陽を浴びて、体内時計をリセットさせましょう。

規則正しい生活や寝る前のスマホを避けるなどしてください。寝具も自分に合ったものを使用しましょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。