ダイエットでは水分の温度は常温以上が最適です

ダイエットでは水分の温度は常温以上が最適です
水分の温度によって、ダイエット効果は大きく変わってきます。ダイエットのためには常温かそれ以上の温度の水分が良いでしょう。

氷などで冷やした水分は、消化器官に負荷をかけてしまいます。その結果、腹痛や下痢などの症状を呈してしまうでしょう。

そのため消化器官を守るためにも、冷やした水分は最適ではありません。常温であればデトックス効果や冷え症対策に繋がります。

ただし運動後すぐの水分は、やや冷たいほうが良いでしょう。ダイエットのためには温度だけでなく、水分の種類なども考慮してください。

冷たい水分は、消化器官を刺激する恐れがあります

水分でダイエットを行うためには、温度が重要とされています。それは水分の温度によって、与える影響が違ってくるからです。

ダイエットに最適な温度

ダイエットのためには、常温かそれ以上の温度の水分が最適でしょう。それは常温の水分であれば消化器官を刺激することがないからです。

さらにデトックス効果や冷え症対策にもなると言われています。常温かそれ以上の温度の水分を飲むことによって、胃腸の温度が上がるでしょう。

その結果、新陳代謝がアップし血液の流れが向上します。その働きによって、ダイエット効果に繋がるようです。

また体温がアップすれば、基礎代謝も向上すると言われています。たとえば体温が1度上がることで、基礎代謝は12~13%程度向上するでしょう。

そのためダイエット効果をより高めると言えます。

冷たいお水がダメな訳

冷たい水分はダイエットには適していません。それは冷たいお水を飲むことによって、体温を下げてしまう恐れがあるからです。

体温が下がってしまえば、代謝が落ちダイエットに適さない身体になってしまうでしょう。さらに消化器官にも刺激を与え、腹痛や下痢などの症状を呈する可能性があります。

特に消化器官が弱い方は、冷たい水分に注意してください。

運動後は、やや冷たい温度の水分を選びましょう

運動後は、やや冷たい温度の水分を選びましょう
冷たい水分イコール敵ということではありません。冷たい水分の方が適しているシーンもあります。それは運動後です。

冷たい水分が運動後に適している訳

運動中や運動後の水分は5~15℃が適していると言われています。それは、やや冷たいと感じる温度の方が消化器官を通るスピードが速いからです。

つまり、いち早く水分を取り込むことができるでしょう。ただ冷たいほうがいいからと言って、氷水が良い訳ではありません。

あまりにも冷たすぎる温度では、消化器官の働きを阻害してしまう可能性があるため注意してください。

運動時の水分の飲み方

運動直前に水分を飲んでしまえば、身体が重たくなってしまいパフォーマンスを低下させてしまいます。そのため30分前ぐらいに水分を飲むようにしてください。

水分の量は250~500ML程度にしましょう。運動中は15分毎に100ML程度飲むことが理想的です。

ただ競技の関係上難しいこともあるでしょう。どうしても難しい場合には、1時間で合計して500~1000ML程度を飲めれば問題はありません。

運動後にも水分を飲むようにしてください。しっかり水分を飲むことによって、運動パフォーマンスを高める効果も期待できるでしょう。

ダイエットのためには、糖分が少ない水分を選びましょう

水分には糖分が含まれているものがあります。糖分が含まれているものはダイエット中に適した水分とは言えません。

しかし糖分が含まれる水分が適しているときがあるでしょう。それは運動時です。

運動時に糖分が含まれる水分が良い訳

運動時にはナトリウムが減ってしまいます。そのため運動時は水分だけでなく、ナトリウムも補うようにしましょう。

糖分は水分の吸収を助ける作用があります。そのため、いち早く水分を吸収したい場合には、糖分が含まれる水分の方が適していると言えるでしょう。

ダイエット時に適している水分

ダイエットには、糖分が含まれまない水分が適しています。しかし水分の中には成分の働きによって、脂肪吸収を妨げる効果が期待できるものもあるようです。

それが緑茶です。緑茶に含まれるタンニンは脂肪を分解する酵素の働きを高める効果があると言われています。

つまり食事のときには、緑茶を飲むと良いでしょう。ほかにもお茶に含まれるポリフェノールの作用によって、血糖値を下げるなどの効果も期待できます。

そのためダイエット中には緑茶も積極的に飲んでください。ただ緑茶を過剰に飲むと副作用もあるため、お水など他の水分と併用したほうが良いでしょう。

飽きずに水分を飲むためにも、色々な水分を試してください。

細菌の増殖に注意することが大切です

細菌の増殖に注意することが大切です
常温の水分を飲む方法として水道水を沸騰させた後で、冷ます方法があります。しかし、この方法には注意が必要です。

水道水で常温の水分を作る問題点

水道水には細菌の増殖を予防するために、カルキが含まれています。しかしカルキは沸騰させることによって、水道水から消えてしまうでしょう。

そうなれば細菌の増殖を防ぐことができません。そのため時間の経過とともに細菌が増えてしまいます。

そのため沸騰させた水道水は、早めに飲むようにしてください。

ペットボトルの問題点

市販のペットボトルで常温の水分を飲むときにも注意が必要です。ペットボトルは販売されているときは、密閉されています。

そのため販売されているときには、細菌が増殖する心配はありません。しかしフタを開けることによって、空気と触れ合い細菌が増える恐れがあります。

さらに直接口をつけて飲めば、唾液がペットボトルの中に入り込んでしまうでしょう。その結果、余計に細菌が増殖しやすくなります。

つまりペットボトルだからと言って、安心せずに早めに飲み切るようにしてください。

ウォーターサーバーなら安心

ウォーターサーバーなら、早めに飲み切る必要はありません。サーバー内は密閉された状態です。

そのため消費期限内に飲み切れば、細菌を心配する必要がないでしょう。なかなか常温の水分が飲み切れない場合には、ウォーターサーバーの導入を検討してください。

常温や常温以上の温度の水分も時間をかけずに飲むことができるでしょう。

(まとめ)ダイエットで飲む水分は常温が良いの?

1.ダイエットでは水分の温度は常温以上が最適です

ダイエットのためには、水分の温度は常温かそれ以上の温度が良いでしょう。冷たすぎると、消化器官を刺激するため腹痛などを引き起こす恐れがあります。

常温であれば、デトックス効果や冷え症対策などに繋がります。温度以外にも種類なども考慮してください。

2.冷たい水分は、消化器官を刺激する恐れがあります

常温の水分であれば、消化器官を刺激することなく飲むことができます。常温の水分を飲むことによって、代謝が上がる効果が期待できます。

冷たい水分は身体を冷やしてしまい、腹痛や下痢などの症状を呈する恐れがあります。

3.運動後は、やや冷たい温度の水分を選びましょう

運動中や運動後は5~15℃程度の温度の水分が適しているでしょう。やや冷たい水分の方がいち早く水分を取り込むことができます。

氷水は消化器官の働きを阻害する恐れがあるので控えてください。運動30分前や運動中、運動後に水分を飲むようにしましょう。

4.ダイエットのためには、糖分が少ない水分を選びましょう

ダイエット中は糖質が少ない水分が適しています。糖質には水分の吸収を早める効果が期待できるため、運動時には糖分やナトリウムを含まれむ水分が良いでしょう。

緑茶には脂肪を分解する酵素の働きを助ける効果が期待できます。食事のときには緑茶が良いでしょう。

5.細菌の増殖に注意することが大切です

水道水やペットボトルの場合、細菌の増殖に注意する必要があります。一度沸騰させた水道水やフタを開けたペットボトルは、早めに飲み切るようにしてください。

ウォーターサーバーなら、細菌の増殖を心配する必要はないでしょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。