ダイエット中、体が水分を不足している時間の前に補給します

ダイエット中、体が水分を不足している時間の前に補給します
体のほとんどが水分から出来ています。そのため水分が少しでも減少することで、体に不調を及ぼしてしまうでしょう。

つまり身体から水分が減少する前に水分を補給してください。入浴前後や寝るとき、また起きるときなどは水分を補給したほうが良いでしょう。

それ以外でも少量ずつ補給できる環境を整えてください。しかしダイエットのために、お水をガブガブ補給するのは良くありません。

水中毒を引き起こさないためにも、約2L を意識して補給しましょう。補給する水分の量も意識してください。

水分が減少してしまうと、体にとってマイナスとなります

体の中にある血液や体液など、多くが水分から出来ています。一般的に大人であれば60%前後が水分ともいわれています。

つまり体にとって水分はなくてはならいものでしょう。そんな水分が体から減少すると、色々な症状を引き起こします。

水分が減少した時の症状
  • 2%減少:喉の渇き
  • 3%減少:喉の強い渇き、食欲が減る、ぼんやりする
  • 4%減少:苛々する、体温上昇、疲労感
  • 5%減少:頭痛
  • 8~10%減少:けいれん
  • 20%以上減少:尿が止まる、死に至る

つまり少しでも水分が減少するだけで、体にとって色々な影響を与えるでしょう。2%でも減少してしまうと、運動能力が低下すると言った報告もあります。

このような症状をきたさないためにも、水分を十分に補給しましょう。

水分の作用

水分を補給することによって、体にプラスの作用をもたらします。その一つが循環が良くなることです。

特に女性の場合、冷え性に悩んでいる人が多くいます。それは指先などの循環が悪いことが原因の一つです。

水分を補給することで循環が改善されれば、冷え性などの症状を改善する効果が期待できるでしょう。ほかにも循環が上がることで、肌に栄養が届くため血色がよくなる効果にも繋がります。

また水分を補給することによって、便秘の緩和などの効果も期待できるでしょう。そのため水分は、意欲的に補給してください。

入浴前後は必ず水分補給を行いましょう

入浴前後は必ず水分補給を行いましょう
水分を補給する時間に決まりはありません。一日の中で、いつ補給しても問題はないでしょう。

ただ身体から水分が減少する前後には、意欲的に補給したほうが良いと言われています。

入浴前後

入浴中、体は温められるため、発汗量が増えてしまいます。そのため体の水分も減少してしまうでしょう。

入浴前に水分を補給していなければ、入浴中に失神するリスクを高めてしまいます。そのため入浴前後には必ず水分を補給してください。

寝る前

寝ている最中も200ML前後の水分が減少していると言われています。そのため減少する水分を前もって補給するようにしましょう。

起床時

夜寝ているときに減少した水分を補給するためにも、起床時も欠かさずに補給してください。また起床時に水分を補給することによって、体の臓器を目覚めさせる効果も期待できるでしょう。

運動前後

どのような運動を行うかによって、減少する水分量は異なります。基本的には運動前後に水分を補給したほうが良いでしょう。

また激しい運動であれば、運動中も水分補給を行ってください。運動中に水分が減少したままであれば、運動のパフォーマンスに影響を及ぼしてしまうでしょう。

これらのタイミング以外にも、いつでも水分を補給することが大切です。外出時には持ち運ぶ、デスクに水分を置いておくなど工夫を行いましょう。

そうすることで無意識にお水を補給することができます。

水分は2L前後を意識して補給しましょう

水分補給には、適正な量が決められています。それはおよそ2L前後です。

なぜ一日2L補給するの?

尿や呼吸、汗などから、一日に2.5L前後の水分が減少しています。そのため、減少した水分をきちんと補給したすることが大切です。

水分は飲料水だけで補給する訳ではありません。食事からも1L前後の水分を補給することが可能です。

そのため1.5~2.0L前後水分補給を行うようにしましょう。それ以上の水分量を補給することによって、水中毒になる恐れがあるでしょう。

水中毒とは

過剰に水分を飲むことによって、血液中に含まれるナトリウムの濃度が下がってしまいます。つまり水中毒とは、低ナトリウム血症の状況に陥った状態です。

めまいやふらつき、頭痛、吐き気、性格変化などの症状を引き起こします。脳浮腫や肺浮腫などが起こることもあるでしょう。

水中毒になれば、医療機関での治療を必要とします。水中毒に陥らないためにも、適正量を意識して補給してください。

きつすぎるダイエットは控えた方が良いでしょう

きつすぎるダイエットは控えた方が良いでしょう
短期間で効果が出るようなダイエットは、あまりお勧めはできません。短期間で行うダイエットには、色々なデメリットがあるでしょう。

リバウンドしやすい

人間の正常な働きとして、体重などをキープする作用があります。急に体重が減ってしまえば、元に戻そうと作用します。

その結果、リバウンドに繋がってしまうでしょう。

ストレスが溜まりやすい

短期間で集中的にダイエットをするためには、何らかの制限が必要となるでしょう。そうなれば過度にストレスが溜まってしまい、不調の原因になってしまいます。

肌の状態が悪化するなどの症状が起こるため、ストレスが溜まらないようなダイエットを心掛けましょう。

正しいダイエット法

ダイエットは、少しずつ行うようにしてください。現実的な目標を立てて、着実に目標に近づくように努力しましょう。

無謀とも思える食事制限などは良くありません。栄養に偏りがないかを考え、必要なエネルギーを補給しましょう。

この際、補給するエネルギーが不足すると、リバウンドしやすくなるので注意してください。また適度に体を動かすことも忘れずに行いましょう。

少しでも異変を感じた場合には、ダイエットを中止してください。そのままダイエットを継続すれば、さらに悪化することも考えられます。

きついと感じるようなダイエットはやめて、体に合ったダイエットを行いましょう。そうすることで、より健康的に理想に自分に導いてくれるでしょう。

(まとめ)ダイエットをするなら水分を飲む最適な時間は?

1.ダイエット中、体が水分を不足している時間の前に補給します

体のほとんどが水分から出来ています。身体の水分が減少する前に水分を補給してください。

入浴前後などのタイミングは必ず水分補給をしましょう。水中毒などを引き起こさないためにも、2L前後の水分量を補給してください。

2.水分が減少してしまうと、体にとってマイナスとなります

大人の場合、60%が水分から出来ています。水分が2%減少するだけで喉の渇きなどの症状を引き起こすでしょう。

水分には循環を良くする効果が期待できます。冷え性改善や血色アップ、便秘緩和などに繋がるでしょう。

3.入浴前後は必ず水分補給を行いましょう

体から水分が減少する前後には、必ず水分を補給しましょう。入浴前後や寝る前などのタイミングです。

運動中も水分補給はしてください。水分を持ち運ぶ、デスクに置くなどをすることで、水分を無意識に補給することができるでしょう。

4.水分は2L前後を意識して補給しましょう

尿や汗などによって、一日2.5L前後の水分が減少しています。飲料水だけでなく食事からも水分を補給することができます。

1.5~2.0L前後の水分を補給しましょう。過剰に補給することで、水中毒になる可能性があります。

5.きつすぎるダイエットは控えた方が良いでしょう

短期間で効果が出るようなダイエットはリバウンドがしやすくなります。またストレスも溜まりやすいでしょう。

客観的な目標を立てて、ダイエットの成果をチェックしましょう。きつすぎるようなダイエットは避けて、自分に合ってダイエットを行ってください。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。