ダイエットに適している水分の温度は、人肌以上です

ダイエットに適している水分の温度は、人肌以上です
好みの水分の温度もあるでしょう。しかし氷水のようにキンキンに冷えた水分はダイエットに適しているとは言えません。

冷えた水分を飲むことによって、お腹が緩くなる、痛みが現れるなどの症状を引き起こしてしまうでしょう。そのためキンキンに冷えた水分は避けてください。

ダイエットには人肌の温度かそれ以上が最適でしょう。温かい水分なら、内臓の温度を上げる効果が期待できます。

温度が上がることによって、代謝も向上しやすくなるでしょう。ウォーターサーバーなら簡単に人肌の水分を飲むことが可能です。

キンキンに冷えた水分は、ダイエットには向いていません

人によって、好みの水分の温度は違うでしょう。もちろん好みの温度で水分を愉しむのも問題はありません。

しかしダイエット効果を高めたいのであれば、ダイエットに向かない水分は避けた方が良いでしょう。

ダイエットに向いている温度

ダイエットのためには、人肌かそれ以上の温度の水分が向いていると言われています。それは温かい水分によって、内臓の温度を高めることができるからです。

内臓の温度が高まれば、代謝を上げることができると言われています。代謝はダイエットに必要不可欠なものです。

そのため内臓の温度を高めるようにしましょう。

ダイエットに向いていない温度

反対にダイエットに向いていない温度は、キンキンに冷えた氷水のような水分です。キンキンに冷やすことで内臓の温度を下げてしまいます。

その結果、代謝を落とす原因になるでしょう。また内臓が冷えてしまえば、お腹が緩くなる、痛くなるなどの症状を呈する可能性があります。

そのような症状を起こさないためにも冷えた水分は避けた方が無難です。ただし熱中症などの症状がある場合には、少し冷えた水分を与えてください。

そうすることで回復を早める効果が期待できます。しかし少し冷えた水分なので、氷水のような水分は熱中症のときでも避けた方が良いでしょう。

特に夏場などは、キンキンに冷えた水分を飲みがちです。体調を壊さないためにも、冷えすぎた水分は飲みすぎないようにしてください。

基礎代謝が上がることで、ダイエットしやすい体を作ります

基礎代謝が上がることで、ダイエットしやすい体を作ります
代謝が上がると、なぜダイエットに良いか知っていますか。代謝とは、エネルギーが消費されたり利用されたりすることです。

代謝の分類

代謝は3つに分類することができます。

1.基礎代謝

安静にしていても消費されるエネルギーのことです。体温が上がることで、向上する代謝とは基礎代謝に当てはまります。

基礎代謝の40%が筋肉によって消費されるようです。そのため筋肉がつくことで、基礎代謝の向上に繋がるでしょう。

2.生活活動代謝

運動や体を動かす際に消費されるエネルギーのことです。ダイエットで運動すれば、この代謝が高まります。

3.食事誘導性体熱産生

食事をとることによって消費されるエネルギーのことです。食事後、体が温かく感じるのは、エネルギーが燃えているからでしょう。

食材によって消費されるエネルギーは異なり、たんぱく質が最も高く30%を占めています。

ダイエットをするなら代謝は高いほうが有利?

基礎代謝が高ければ、何もしなくてもエネルギーを消費することができます。つまり基礎代謝が高い人の方が、痩せやすいと言えるでしょう。

ダイエットをするなら基礎代謝を上げた方が、より早めく効果が得られます。基礎代謝を上げるためにも、筋力アップや体温を上げるような生活を心掛けてください。

ウォーターサーバーなら簡単に水分を飲むことができます

水分を飲むにあたって、色々な手段があります。どの手段を選択しても構いません。

水分を摂取しやすい手段を行ってください。

水道水で水分を飲む

日本の水道水は世界水準からみると、かなり安全性が高いと言われています。そのため、そのまま水道水を飲んでも問題はないでしょう。

ただし消毒のために塩素が含まれています。水道水を直接飲むと、塩素臭などが気になる人もいるでしょう。

そんなときは一旦は煮沸し、塩素を除去してください。ただし煮沸後は雑菌などの影響を受けやすい状況です。

そのため早めに使い切るようにしましょう。

市販のお水を購入して飲む

市販のお水を購入して飲む人は多いでしょう。この方法の問題点として雑菌の繁殖です。

カップに移して水分を飲んだとしても、空気中に含まれる雑菌がボトル内で繁殖してしまいます。またカップに移さずに飲めば、さらに雑菌は増えてしまうでしょう。

そのため開封後は、早めに使い切ることが大切です。また衛生管理だけは、しっかり行いましょう。

ウォーターサーバーでお水を飲む

ウォーターサーバーならメンテナンスさえ行っていれば、雑菌の繁殖は心配いりません。そのため、どんな時も安心して飲むことができるでしょう。

また温水・冷水を選べるのも嬉しい点です。温水と冷水を混ぜることによって、ダイエットに適した飲みやすい温度を調整することができるでしょう。

つまり水分ダイエットを実行するのであれば、ウォーターサーバーの設置を検討してください。

ウォーターサーバーを設置するなら、事前に比較検討しましょう

ウォーターサーバーを設置するなら、事前に比較検討しましょう
ウォーターサーバーは豊富な品数が販売されています。そのため、どのウォーターサーバーを設置したらいいか迷うでしょう。

お水の種類で決める

企業によって、どのようなお水を提供しているかが異なります。硬度以外にも採掘地域やろ過方法など様々な違いがあるでしょう。

飲み比べて、好みの味のウォーターサーバーを設置しても良いでしょう。または採掘地域などのこだわりを確認するのも一つの手です。

大きさで決める

ウォーターサーバーのサイズは、企業によってバラバラです。ゆとりのある家であれば大型のウォーターサーバーを設置しても問題はないでしょう。

確保できるスペースが狭い場合には、小型のウォーターサーバーから選びましょう。

費用面で決める

費用面は導入時だけでなく、年間いくらかかるのかを検討することが大切です。キャンペーンなどで初期費用がゼロのところもあるでしょう。

しかし年間コストが高ければ、後悔に繋がります。お水代や配送料、メンテナンス代、解約金などを事前に確認すれば、後悔することなく設置できるでしょう。

(まとめ)ダイエットに適している水分の温度とは?

1.ダイエットに適している水分の温度は、人肌以上です

キンキンに冷えた水分はお腹が緩くなる、痛くなるなどの症状が起こります。ダイエットのためには人肌か、それ以上の温度の水分が最適でしょう。

ウォーターサーバーであれば、簡単に人肌以上の温水を飲むことが可能です。

2.キンキンに冷えた水分は、ダイエットには向いていません

人肌か、それ以上の水分は内臓の温度を高める効果が期待できます。内臓の温度が高まれば、代謝を上げることができるでしょう。

冷えすぎた水分によって、お腹が緩くなる可能性があります。熱中症などのときは、やや冷たい温度の水分を与えるようにしましょう。

3.基礎代謝が上がることで、ダイエットしやすい体を作ります

代謝とはエネルギーが消費されることです。基礎代謝は安静にしていても消費されるエネルギーになります。

ほかに生活活動代謝や食事誘導性体熱産生があります。基礎代謝が高い人の方が痩せやすい体と言えるでしょう。

基礎代謝が上がる生活をしてください。

4.ウォーターサーバーなら簡単に水分を飲むことができます

日本の水道水は、安全性の高いお水です。塩素が気になる場合には、一度煮沸しましょう。

市販の水分は雑菌の繁殖を考え、早めに使い切ってください。ウォーターサーバーなら簡単に水分を飲むことができます。

5.ウォーターサーバーを設置するなら、事前に比較検討しましょう

ウォーターサーバーを設置する際にはお水の種類や大きさなどを比較、検討しましょう。年間の費用面も事前に考えることが大切です。

お水代や配送料、解約金などを確認することで後悔するリスクを下げることができるでしょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。