ダイエット中の水分として、適量であれば烏龍茶でも大丈夫です

ダイエット中の水分として、適量であれば烏龍茶でも大丈夫です
烏龍茶は中国で遥か昔から飲まれているお茶です。烏龍茶にはダイエット効果やアンチエイジングなど美容面に優れた効能が沢山あります。

そのためダイエットにも適したお茶と言えるでしょう。ただし烏龍茶にはカフェインが含まれています。

そのため摂りすぎると、カフェインの過剰摂取に繋がるでしょう。つまり節度を守って、摂取することが大切です。

特に夜は烏龍茶ではなく、お水を飲むようにしましょう。様々な水分を組み合わせながら、水分を補ってください。

烏龍茶には女性に嬉しい効果が沢山あります

烏龍茶は中国の福建省で古い時代から飲み続けられているものです。日本には1970年代頃に伝わったとされています。

今では、お茶の中でもメジャーなものとなり多くの人に親しまれています。そんな烏龍茶には多くの効能があると言われているようです。

特にダイエットやアンチエイジングの効果は、他のお茶よりも優れていると考えられています。

烏龍茶重合ポリフェノール

烏龍茶には特有の重合ポリフェノールという成分が含まれています。この成分によって脂肪の燃焼や中性脂肪を減少、血中のコレステロールの抑制などの効果が期待できるでしょう。

この成分は苦みを感じさせます。そのため烏龍茶は、お茶の中でも苦みが強くなっているようです。

近年発売されている脂肪の吸収を抑えると謳っている烏龍茶は、この成分を増やしたものになります。そのため一般の烏龍茶よりも苦みが強くなってしまうでしょう。

この成分にはダイエットだけでなく、虫歯を予防する効果も期待できます。まだ研究段階ですが、緑茶よりも優れた作用とも考えられているようです。

カテキン

お茶と言えばカテキンと思う人もいるでしょう。烏龍茶にもちゃんと含まれています。

カテキンによってアンチエイジング効果や高血圧の予防にも繋がるでしょう。また口腔内の殺菌作用もあります。

タンニン

タンニンにも抗酸化作用があるため、アンチエイジング効果が期待できるでしょう。さらに下痢の緩和や予防の効果も期待できます。

テアニン

テアニンはリラックス効果が期待できます。神経を鎮静化し、ストレス解消に繋がるでしょう。

様々な効能が期待できる烏龍茶。ダイエット中は積極的に飲みたいお茶の一つでしょう。

烏龍茶にはカフェインが含まれています

烏龍茶にはカフェインが含まれています
烏龍茶には効能が沢山あるからと言って、たくさん飲んでいいとは言えません。もちろん適量であれば、積極的に飲みたいお茶ではあります。

烏龍茶の副作用

烏龍茶にはカフェインが含まれています。カフェインには覚醒作用があり、日中集中力を高めたい時に飲むのには効果的です。

しかしカフェインを摂りすぎてしまうと、動悸や頭痛、眠れないなどの症状を引き起こすとされています。日本にはカフェインの摂取量の上限は明確に定められていません。

しかし世界の各国では定められているところがあり、1日当たり200mg程度のされています。烏龍茶1杯当たり、カフェインはおよそ40mgです。

つまり最大で5杯程度に留まておいた方が良いでしょう。またコーヒーや他のお茶も飲んでいる場合には、さらに少ない量にしてください。

烏龍茶の飲み方

烏龍茶の効果を得るためには、食事のタイミングが最適と言われています。それは烏龍茶が中性脂肪を下げる作用があるからです。

ただし夜の食事のときは、烏龍茶は避けた方がいいでしょう。夜飲むことで、睡眠の質を下げる可能性があります。

日中、烏龍茶を飲むようにしてください。

烏龍茶だけでなく、様々な水分を組み合わせましょう

水分によるダイエットは、烏龍茶だけを摂取すると水分量が不足してしまいます。そのため様々な水分を組み合わせて、摂取すると良いでしょう。

お水

最もポピュラーな水分です。お水なら時間帯を気にすることなく飲んで構いません。

常日頃から積極的にお水は飲むほうが良いでしょう。

麦茶

お茶の中でもカフェインが含まれていないものです。そのため幼い子供でも安心して飲むことができます。

麦茶には様々な成分が入っており、ダイエット効果も期待できる水分です。そのため烏龍茶の苦みが苦手な方は、麦茶を飲むと良いでしょう。

スポーツ飲料

スポーツ時の水分補給に最適な水分です。しかしカロリーが高めと言ったマイナス点があります。

激しいスポーツをしていないにも関わらず、スポーツ飲料を過剰に摂取すると太る原因になるので注意してください。

炭酸水

炭酸水もダイエットに良いと言われています。炭酸の作用によってお腹を満たしてくれるため、ドカ食いを予防することができるでしょう。

ただ飲み方によっては、食欲を増進するため注意が必要です。

ほかにも様々な水分があるでしょう。ダイエットのためであれば、カロリーの低い物を選んでください。

またダイエット効果の高い水分を選べば、より効果的でしょう。

ダイエットは水分以外の方法も行いましょう

ダイエットは水分以外の方法も行いましょう
水分によるダイエットは、決して即効性のあるダイエットではありません。直接体重を落とすような効果もないでしょう。

そのためダイエットを行うなら、水分だけでなく他のメニューも追加してください。

トレーニング

ダイエットと言えば、トレーニングが重要です。トレーニングを行うことによって、筋力がアップし、ダイエットしやすい体を手に入れることができるでしょう。

さらに見た目も引き締まり、綺麗なボディラインに導いてくれます。有酸素運動や筋トレなどを併用し、トレーニングに励んでください。

食事

食事もダイエットの重要な項目です。食事でドカ食いをしていれば、トレーニングをしたところで痩せるわけがありません。

ドカ食いを防ぎ、1日に必要なカロリーを守った食事を行いましょう。またたんぱく質などはしっかり補うことも大切です。

たんぱく質がなければ、皮膚がカサカサになるなどの状況になってしまいます。ダイエット中だからこそ、成功させるためにも意識改革を行いましょう。

(まとめ)ダイエット時の水分は烏龍茶でも大丈夫?

1.ダイエット中の水分として、適量であれば烏龍茶でも大丈夫です

烏龍茶にはダイエット効果やアンチエイジングなど美容面の効果が期待できます。烏龍茶にはカフェインも含まれているため、適量を守って飲みましょう。

特に夜は烏龍茶よりもお水を飲んでください。様々な種類の水分を組み合わせ、水分を上手に補いましょう。

2.烏龍茶には女性に嬉しい効果が沢山あります

烏龍茶は烏龍茶重合ポリフェノールと呼ばれる成分が含まれています。この成分はダイエット効果や虫歯予防の効果が期待できます。

この成分の働きによって、烏龍茶は苦みを感じてしまいます。ほかにもアンチエイジングやリラックス効果など効能は豊富です。

3.烏龍茶にはカフェインが含まれています

烏龍茶にはカフェインが含まれています。カフェインを摂りすぎると頭痛や動悸などの症状を引き起こします。

カフェインの飲料を飲まない方であれば、1日5杯までにしましょう。烏龍茶は食事中に飲むことで、中性脂肪の吸収を妨げる効果が期待できます。

4.烏龍茶だけでなく、様々な水分を組み合わせましょう

烏龍茶だけでは、1日の水分摂取量が不足してしまいます。お水や麦茶などの水分も組み合わせて飲むようにしてください。

スポーツ飲料はカロリーが高いため注意しましょう。カロリーも低く、ダイエット効果がある水分を選ぶようにしてください。

5.ダイエットは水分以外の方法も行いましょう

水分によるダイエットは、直接的に体重を落とす効果はありません。トレーニングを行うことで、痩せやすい体が手に入るでしょう。

食事面を見直し、たんぱく質などの栄養を補うようにしてください。ダイエットを成功させるためにも、意識改革を行いましょう。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。