胃腸が衰えているときは、軟水で水分代謝を促すことが大切です


水分代謝が低下すると、むくみや冷え性になるなどの症状が起こると言われています。とくに寒い冬は、水分代謝も低下しやすくなるため注意が必要です。

また胃腸の状態によっても水分代謝が上手くいかないことがあります。胃腸が衰えているときには、軟水を選ぶようにしましょう。

胃腸に負担をかけないことで、スムーズに水分代謝を促すことが期待できます。

水分代謝が悪くなると、体調不良を引き起こします

身体の成分の中で、もっとも多く占めるのが水分です。そのため多くの水分が必要とされ、食事や飲み物から水分の補給を行っています。

補給されるのと同時に汗や尿などによって、排出もされています。排出と補給のバランスが整っていることで、健康にも繋がっていきます。

この水分代謝が悪くなると、身体に不要なお水がスムーズに排出されません。そのためむくみや冷え性、便秘などの体調不良を引き起こすと言われています。

水分代謝はいろいろな原因で低下すると言われています。

・運動不足
・水分不足
・ストレス
・冬の寒い時期

水分代謝を低下しないようにするためにも、お水をきちんと飲むようにしましょう。

またストレッチや軽めの運動を行うことで、血の巡りが改善しやすくなります。その結果として水分代謝が促されると言われています。

またストレスによっても水分代謝の状態は変わってきます。息抜きを行うために、ストレスを解消する自分なりの方法を見つけるようにしましょう。

ストレスを溜めすぎないようにしてください。

水分代謝を上げるためには、お水を飲むようにしましょう


胃腸が衰えている場合、水分の代謝も低下しやすくなると言われてます。胃腸が衰えることで、せっかく飲んだ水分も上手く吸収されないことがあります。

そのため吸収と排出のバランスが悪くなると言われています。水分代謝を上げるためには、お水を飲むことが大切になってきます。

しかし胃腸が衰えているときには、お水の種類を気にする必要があります。たとえば天然水やミネラルウォーターなどは多くのミネラルが含まれています。

ミネラルの中には、水分の排出を促進する作用があります。お水を補給しても、多く排出されてしまう可能性があります。

つまり吸収する力が弱くなっている人には、あまり天然水やミネラルウォーターは向きません。胃腸が衰えている人には、軟水やピュアウォーターを選ぶようにしましょう。

とくにピュアウォーターの成分は、ほぼお水です。ミネラルや細菌など多くの成分がろ過され、取り除かれています。

そのため胃腸に優しくお水を補うことができます。

体温に近い温度のお水を飲むようにしましょう

胃腸に優しくお水を補給するためには、温度にも注意しましょう。体温に近い温度のお水を飲むことによって、胃腸に余計な負担をかけないと言われています。

体温と異なる温度になると、体温を一定に保つために自律神経が働きます。胃腸が衰えていると、自律神経の働きも鈍くなっていると考えられています。

そのため自律神経にも負担をかけないようにするためにも、体温に近い温度のお水を飲みましょう。また飲み方によっても胃腸に負担をかける場合があります。

一気にたくさんのお水を飲むと、上手く吸収することができません。少しずつお水を補給することで、胃腸に優しくお水を取り込むことができます。

お水を飲む回数を増やし、できれば30分から1時間に1回程度はお水を飲むようにしましょう。ウォーターサーバーは、種類によって胃腸に優しいお水も取り扱っています。

また気軽に水分補給を行えると言ったメリットがあります。お水の温度も簡単に調節することができます。

水分代謝を改善したい人は、ウォーターサーバーをぜひ検討してください。ウォーターサーバーを置くことによって、お水を飲む回数も増えやすくなり水分代謝を高める効果が期待できます。

(まとめ)胃腸の状態で水分代謝は変わってくるの?

1.胃腸が衰えているときは、軟水で水分代謝を促すことが大切です

水分代謝の低下によって、むくみや冷え性になることがあります。胃腸が衰えていると、水分代謝も上手く行えないため注意しましょう。

胃腸が衰えているときには、身体に優しい軟水を選ぶようにしてください。

2.水分代謝が悪くなると、体調不良を引き起こします

汗や尿などで排出される量と補給する量のバランスが整うことで、健康に繋がっていきます。水分代謝が悪くなると、むくみや便秘などの体調不良を引き起こします。

水分代謝は、運動不足・水分不足・ストレスなどの原因で低下しやすくなると言われています。

3.水分代謝を上げるためには、お水を飲むようにしましょう

胃腸の衰えは、水分代謝も低下しやすくなります。胃腸が衰えているときは天然水やミネラルウォーターは不向きです。

軟水やピュアウォーターを選ぶようにしましょう。ピュアウォーターであれば、胃腸に優しく水分を補うことができます。

4.体温に近い温度のお水を飲むようにしましょう

体温に近い温度であれば、胃腸や自律神経に負担をかけることはありません。たくさんのお水を一気に飲まずに飲む回数を増やし、少しずつ飲むようにしましょう。

ウォーターサーバーを置くことによって、気軽に胃腸に優しいお水を毎日飲むことができます。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。