絶食中は、水分補給が重要です


体内の水分を維持するために、食事などから水分を摂取しています。絶食を行うと、体内の水分は極端に減ってしまう恐れがあります。

体内の水分が極端に減ることによって、生命を脅かすこともあるため注意しましょう。そのため絶食中には、水分を摂取するように心がけましょう。

絶食中の水分は、お酒などは控えるようにしましょう。できればお水やノンカフェインの飲み物を選びましょう。

絶食によって、身体は水分が減っている状態です

ダイエットなどで短期間絶食することがあります。絶食を行うことで、内臓を休ませ、デトックス効果があると言われています。

しかし食事は栄養だけでなく、水分を補う役割もあります。そのため食事を絶つ絶食は、体内の水分を極端に減らす可能性があります。

体内の水分が不足することで、多くのデメリットがあります。
・頭痛
・脈拍の上昇
・代謝の低下
・血液循環不良
・倦怠感
・肌荒れ

また状態が悪化すると、生命を脅かす恐れもあります。

絶食しなければ、食事から1,000ml程度摂取することができると言われています。そのため水分は800~1500ml程度摂取することが推奨されています。

絶食中は、食事からの水分摂取がゼロになります。つまり絶食中は2,000ml程度摂取するようにしましょう。

絶食を行わないときに比べ、かなり多くの水分を摂取する必要があります。しかしまとめて水分を摂取すると、内臓などに多大な負担をかける可能性があります。

1回に200ml程度の水分を数回に分けて飲むようにしましょう。内臓に負担をかけずに、ムリなく水分を摂取することができると考えられています。

絶食中には、お酒や清涼飲料水は控えるようにしましょう


絶食中に摂取する水分は、適していないものもあります。たとえばお酒は良くありません。

お酒には、利尿作用があります。そのためお酒を飲み過ぎると、尿として水分が排出されると言われています。

またお酒は肝臓などの内臓機能にも負担をかけるため、絶食の効果を半減させる可能性があります。清涼飲料水も適していません。

清涼飲料水には糖分が含まれており、比較的カロリーが高めです。絶食中は、身体は飢餓状態のため、わずかなカロリーも吸収しようと反応します。

普段よりも吸収されやすいため、清涼飲料水を飲むことでダイエット効果は得られにくくなると言われています。絶食中に適した水分は、お水や麦茶、ルイボスティーなどがよいとされています。

カフェインが含まれていない種類の水分を選ぶようにしましょう。ただし水分摂取には、ホットにすることが大切です。

ホットであれば、内臓に負担をかけることはほとんどなく、血液循環も良くなると考えられます。

絶食中には、内臓に優しいお水を選びましょう

絶食中は、基本的には水分しか摂れません。そのため絶食する前から水分を多く摂ることに慣れておく方がよいと言われています。

慣れていないと、2L程度の水分を摂取するのはつらい場合があります。徐々に水分量を増やし、摂取できるような状態にしておきましょう。

ウォーターサーバーは摂取したいタイミングで、簡単に摂取することができます。絶食中には、内臓に優しいお水が最適と言われています。

内臓に優しいお水は、純水と呼ばれています。あらゆる不純物を取り除いており、純度の高いお水です。

純水もウォーターサーバーであれば、気軽に摂取することができます。温かい純水も手間をかけずに飲むことが可能となります。

絶食をムリなく行うためにも、手間をかけずに水分の摂取ができる方法を選ぶようにしましょう。ホットをすぐに飲むことができれば、お茶なども簡単に煎れることができます。

さらにウォーターサーバーの純水は、安全に安心して摂取することができます。絶食だけでなく、持病をお持ちの方や妊娠中などあらゆる人に安心して飲んで頂けます。

(まとめ)絶食中、水分補給は行った方がよいの?

1.絶食中は、水分補給は重要です

食事からも水分を補給しています。体内の水分が極端に減ることで、生命を脅かす恐れがあると言われています。

絶食中は、水分を摂取するように心がけましょう。お酒などは控え、水分はお水などを選ぶようにしてください。

2.絶食によって、身体は水分が減っている状態です

絶食はデトックス効果があると言われています。食事は栄養や水分を補う役割があります。

食事を摂らないことで水分が不足し、多くのデメリットが現れます。絶食中は、普段よりも多めの水分を摂取するように心がけましょう。

3.絶食中には、お酒や清涼飲料水は控えるようにしましょう

絶食中には利尿作用のあるお酒やカロリーが高い清涼飲料水は控えるようにしましょう。できるだけお水や麦茶、ルイボスティーなどを選ぶようにしましょう。

できる限りホットで飲むことで、内臓に負担をほとんどかけないと言われています。

4.絶食中には、内臓に優しいお水を選びましょう

絶食前より、水分を多く摂取するようにしましょう。ウォーターサーバーであれば、内臓に優しい純水を手軽に飲むことができます。

お湯を沸かすなどの手間をかけずに、温かい水を摂取することが可能となります。またお茶なども簡単に煎れることができます。

著者情報

hawaiiwater

ピュアハワイアン
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。