Frequentry Asked Question-Quarity of Water

ハワイアンウォーターのお水の品質について解説しています

ハワイアン ウォーターはどんなお水ですか?

25年をかけてハワイの溶岩石でろ過されたオアフ島の天然の地下水を、最先端のROシステムにより分子レベルまで磨き上げ、 それぞれ専用工場で生産されているお水です。
ハワイアン ウォーターは使い勝手のいい12リットル、軽量の8リットルペットボトル2種をご用意しています。回収不要の扱いやすいワンウェイボトルです。

どのようにハワイから運んでいるのですか?

フルオートメーションでボトリングしたものをコンテナに載せて、コンテナ船により日本へ輸送、日本側で再度品質検査を行なってから皆様にお届けしております。

RO(逆浸透膜)システムとはなんですか?

浸透膜とは、人工的に作られた半透膜で1/10000~1/1000ミクロンのとても細かい孔の開いたフィルターのようなものです。

この細かい孔はあらゆるものをせき止めますが、水分子はかろうじて通します。
この浸透膜で真水と塩水を仕切ると、通常は水の「同じ薄さになろうとする力(浸透圧)」で真水から塩水の方へ水分子が流れ込みます。

しかし逆に、塩水の方に大きな圧力を加えることで、塩水の中から塩分を残して水だけを取り出すことができます。
この原理を利用して水中の不純物を濾過し、限りなく純粋な水を取り出すシステムを、逆浸透膜システムといいます。

RO膜の原理

RO(逆浸透膜)システムを使っている他の水とはどこが違いますか?

分子レベルでろ過できるROシステムのため、水道水を原水としているものもあるようです。
また、ろ過後に人工的にミネラルを添加し、「ミネラルウォーター」として売られているものもあります。

ハワイアンウォーターの原水は最高品質の天然地下水ですから、無添加でも水そのものの味を楽しめます。

浄水器から出る水とはどこが違いますか?

全く違います。一番の大きな違いは、フィルターの孔のサイズです。
RO(逆浸透膜)システムの0.0001ミクロンとは100万分の1ミリ。
細菌のサイズが1~5ミクロン、さらに小さいウィルスのサイズが0.2~1ミクロンですから、いかに小さい孔であるかがわかると思います。

物質の大きさと、各濾過システムで除去できる物質の目安

一部地域水道水から放射性物質が検出されていますが、ハワイアンウォーターは大丈夫ですか?

大丈夫です。
ハワイでは合衆国環境保護庁が福島第一原子力発電所事故の際にも放射能の観測を行なっていますが、すべて誤差の範囲内か人体に全く影響のないレベルであると報告されております。

また定期的に放射性物質の検査を行い、検出されないことを確認しております。
検査結果についてはこちらをご覧ください。

乳児用ミルクに使用可能ですか?

はい。不純物を99.9%カットした安心安全な【ピュアウォーター】ですので、赤ちゃんのミルクにも安心してお使いいただけます。
妊娠中の方や授乳時のお母様にもお勧めします。

お茶やコーヒーに使えますか?

はい。純水に近いハワイアンウォーターは、お茶やコーヒーの成分をよく抽出できます。
ご家庭の場合は出汁を取るときにもおすすめです。

カップラーメンに使えますか?

はい。ハワイアンウォーターのウォーターサーバーからはいつでも約85度のお湯が出ますので、すぐにカップラーメン等インスタント食品にご利用いただけます。

ペットの飲用水として使っても大丈夫ですか?

はい。赤ちゃん同様、犬や猫などのペットの飲用水として不純物を徹底的にろ過した【ピュアウォーター】はおススメです。 ただし、あくまで飲用のためのお水ですので、観賞魚の水槽用の水等には絶対にお使いにならないでください。

ボトルの賞味期限はどのくらいの期間ですか?

未開封時、ボトル製造より1年半です。賞味期限はキャップに記載されています。