Ultra-Pure Hawaii water for Pure Hawaiian Plee.

ハワイの大自然に育まれ、徹底された品質管理のもとハワイアンウォーターは生まれます。
誰でも安心して飲めるハワイアンウォーターの、採水からお届けまでの工程をご紹介します。

水源 Source of Water

水源の様子大陸から遠く離れた島、ハワイ・オアフ島の水源はハワイ州政府によって保護された場所にあります。

ハワイの妖精メネフネ

ハワイの森に住むというシャイな妖精、
メネフネと虹の伝説をご紹介します。

ハワイには水に関わる地名や伝説が多く、有名な地名でもワイキキが「吹き出す水」という意味だったり、アラワイが「水の道」という意味だったりします。
またハワイの森に住むというシャイな妖精、メネフネたちも水路を切り開く、養魚池を作るなど、人のために水にかかわる仕事をしたと伝えられます。

そんなメネフネたちは虹に関わる伝説も残しています。

ある日、メネフネたちは虹を作ることにしました。虹の材料にするために赤い羽根、オレンジ色の花、黄色のバナナ、緑のシダ、深い
海の真っ青な水、女王様の紫のドレスの端っこを集めてくると、それを神聖なコアの木のボウルに入れ、魔法使いに渡しました。

魔法使いはボウルを受け取ると、魔法でゆっくりとかき混ぜてきらきらと輝く虹の雫にしました。

皆が喜ぶ中、魔法使いが雫を付けた矢を雲に向けて放ち、雨粒に虹の色を与えました。

やがて雨が降り始めると一面の美しい虹が立ち、魔法使いは
「これで人々も生き物たちも水や雨の大切さがよくわかり、虹の美しさを楽しむことだろう。」
と語ったということです。

工場 The Plant

工場の外観この水源からの貴重な水は、パイプラインで水源に程近いフルオートメーションの設備を誇る工場に引き込まれます。

幾重ものろ過 Filtration

活性炭フィルター引き込まれた水は活性炭のフィルターでまず処理、そのほかわずかなカルシウム分の除去など不純物を吸着して本番のROろ過に備えます。

ちいさな世界のおはなし

日常であまりピンとこない単位「ミクロン」。
どの程度の大きさなのか、ご紹介します。

物質の大きさと、各濾過システムで除去出来る物質の目安

RO濾過 Reverse Osmosis

アメリカ国家プロジェクトとして開発後、NASAも採用したこのシステムは、目が1/1000ミクロン前後という極小サイズのフィルターです。
水分子以外をほとんど通さない高分子膜によって、水を分子のレベルまで磨きあげています。

RO(逆浸透膜)について

ハワイアンウォーターを磨きあげるROシステム。
その仕組みを解説します。

RO膜の原理

オゾン処理 Ozonation

オゾン照射オゾン処理により、薬品を利用せず徹底的な殺菌消毒を行います。
オゾンは不純物の分解後、すばやく酸素に戻るため、残留物を残しません。

オゾン殺菌について

薬品を一切使わない殺菌消毒「オゾン殺菌」の
原理とオゾン水による殺菌の仕組みを解説します。

オゾン殺菌の原理

ボトリング Bottling

ボトリングの様子フルオートメーション設備により、ボトルを完全に洗浄し、お水を充填、キャップするまで人の手が触れることはありません。

検査 Inspection

検査機器ボトル・水の品質について厳重な検査を行います。

船舶輸送 Shipment

船舶輸送の様子コンテナ詰めされたボトルは、コンテナ船によりハワイから日本の港へ送られます。
到着後ボトルの抜き取り検査を行います。

配送 Delivery

配送トラック専用のトラックに載せて配送にお伺いします。
*一部地域の8リットルボトルは宅配便でお届けしています。

お届け arrived at Your home

お届けの様子自社配送エリアではトーエルスタッフがお届け、その他の地域は宅急便で配送します。
5ガロンボトルはスタッフが回収、8リットルボトルは各自治体の取り決めに従い廃棄してください

※自社配送エリアでは、お客様のご希望により8リットルボトルも回収致します。